TOP > ニュース

【レベルス】小笠原瑛作が世界二冠王を目指し、ダウサコンに挑戦

2018/02/21(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

WPMF世界王者ダウサコン(左)に、ISKA K-1ルール世界王者・小笠原(右)が挑戦する

 4月27日(金)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.55』の対戦カード第一弾が発表された。

 WPMF世界スーパーバンタム級タイトルマッチとして、王者ダウサコン・モータッサナイ(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)に、ISKA K-1ルール世界バンタム級王者・小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)が挑戦するタイトルマッチが決定。

 ダウサコンは日本を主戦場とするムエタイ戦士で、2017年11月の『M-ONE』にてソン・ダーチェン(中国)を破り、王座に就いた。レベルスには同年9月に参戦し、浜本‘キャット’雄大を一蹴している。会場中に響き渡る炸裂音で場内をどよめかせる右ミドル、ヒジ打ちが得意。

昨年9月、ダウンの応酬を制してISKA世界王座を獲得した小笠原(左)

 対する小笠原は『KNOCK OUT』でも活躍中で、打倒・那須川天心に最も近い日本人選手と目されている。2017年9月、ジョヴァンニ・フランク・グロス(フランス)とのタフファイトを制して、ISKA K-1ルール世界王座を手にした。

 パンチ、蹴り、ヒジ・ヒザとオールマイティーな強さを持ち、現在8戦(6KO勝ち)負けなし。試合は昨年12月のKNOCK OUT以来となる。

ハイキックをクリーンヒットさせるダウサコン

 ダウサコンは「今回が初の防衛戦です。応援してください」とメッセージ。小笠原は「今年一発目の試合でダウサコンとやります。強い選手ですがこの4カ月で僕も相当練習してきて変わっていると思うので、絶対に後悔する試合はやらないので応援に来てください」と気合いの入ったコメントをしている。

 小笠原がムエタイルールの世界王座も獲得し、世界二冠王となるか。それともダウサコンがムエタイの強さを見せつけるのか。

<追加決定カード>

▼WPMF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R WPMFルール
ダウサコン・モータッサナイ(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)
vs
小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/ISKA 世界バンタム級王者)

●編集部オススメ

・小笠原がダウン合計4度の接戦を制し世界王者に

・ダウサコンがWPMF世界王座を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース