TOP > ニュース

【ONE】新設キックイベントに強豪選手が続々集結、旗揚げ大会でピンカvsノンオーが決定

2018/03/01(木)UP

外国人として7人目のラジャダムナン王者となったファビオ・ピンカ(写真は2011年のTHAIFIGHTで来日した時のもの)

 2月28日(水・現地時間)シンガポールを拠点にアジア最大規模の活動を展開する総合格闘技プロモーション『ONE Championship』(通称ONE)が、新設のキックボクシングイベント『ONE Super Series』について、旗揚げ大会の追加対戦カードと新たな契約選手を発表した。

『ONE Super Series』の旗揚げ大会は、4月20日(金・同)にフィリピン・マニラのモール・オブ・アジア・アリーナで開催される。既に対戦カード第1弾として、K-1 WORLD MAX世界トーナメント覇者ジョルジオ・ペトロシアン(32=イタリア)vs Lion Fight王者ジョー・ナタウット(25=タイ)が決定している。

“最速テクニシャン”の異名を持つノンオーのミット打ち(写真は2010年のもの)

 これに加えて、ノンオー・ガイヤーンハーダーウジム(31=タイ)vsファビオ・ピンカ(33=フランス)、ブラッド・リデル(26=ニュージーランド)vsレジアン・エールセル(25=オランダ)の2試合が新たに発表された。

 ノンオーはムエタイの二大殿堂であるラジャダムナンとルンピニーの両スタジアムで王座を獲得し、ルンピニーではスーパー・バンタム級、フェザー級、スーパー・フェザー級、ライト級の四階級制覇を達成。対戦相手のピンカも2017年にラジャダムナンスタジアムのウェルター級王座を獲得している。両者の一戦はムエタイ最高峰対決と言えるだろう。

 もう一方の試合も団体王者同士の対戦となる。リデルはタイのタイガームエタイジムに所属し、キックボクシングのWKBF世界ミドル級王座を獲得。対するエールセルもタイのシットヨートンジムで腕を磨き、アメリカのムエタイイベント『Lion Fight』(ライオン・ファイト)でベルトを巻いた実力を持つ。

ラジャダムナンの三階級覇者ルーシラー(左)との契約も発表された(写真は2010年のもの)

 他にも、今回の発表では新たに『ONE Super Series』との出場契約を結んだ選手も明らかとなった。

 ラジャダムナンでスーパー・フライ級、バンタム級、スーパー・バンタム級の三階級を制覇したルーシラー・チュムペートゥア(37=タイ)、かつてヨーロッパ最大のキックボクシングプロモーションであった『IT’S SHOW TIME』(イッツ・ショータイム=現在はGLORYに買収・統合)で王座に就いたクリス・ナギンビ(33=コンゴ)やコスモ・アレキサンドラ(35=ブラジル)、セルジオ・ヴィールセン(31=スリナム)らが名を連ねている。

●新たに契約が発表された選手

エンリコ・ケール(26=ドイツ/K-1 World MAX 2014世界トーナメント優勝)

オグニェン・トピッチ(23=セルビア/Lion Fight世界ライト級王者)

クリス・ナギンビ(33=コンゴ/WKAムエタイ世界スーパー・ウェルター級王者、IT’S SHOWTIME 70kg MAX世界王者)

コスモ・アレキサンドラ(35=ブラジル/WPMFムエタイ世界ミドル級王者、IT’S SHOWTIME 77kg MAX世界王者、Lion Fight世界スーパー・ミドル級王者)

スターゴス・ミキオス(27=ギリシャ)

スティーブ・マッキノン(41=オーストラリア/WBCムエタイ世界スーパー・クルーザー級王者)

セルジオ・ヴィールセン(31=スリナム/IT’S SHOWTIME 61kg MAX世界王者、Lion Fight世界ライト級王者)

タリック・ケバベス(25=モロッコ)

ダニエル・ドーソン(40=オーストラリア/プロボクシングWBF世界スーパー・ウェルター級王者、ISKAムエタイ世界スーパー・ウェルター級王者)

トゥカタトーン・ペットパヤタイ(タイ/ムエタイBBTVスーパー・フェザー級&スーパー・バンタム級王者)

パニコス・ユサフ(32=キプロス)

ブラッド・リデル(26=ニュージーランド/WKBF世界ミドル級王者)

マシュー・センパー(30=アメリカ)

ルーシラー・チュムペートゥア(37=タイ/WMCムエタイ世界ライト級王者、ラジャダムナン認定スーパー・フライ級&バンタム級&スーパー・バンタム級王者)

●前回契約が発表された選手

アラン・ンガラニ(42=カメルーン/IKA世界スーパー・ヘビー級王者)

クワンカーオ・モー・ラタナブンディット(タイ/ラジャダムナン認定スーパー・フェザー級王者)

サゲッダーオ・ペットパヤータイ(31=タイ/ルンピニー認定フェザー級&スーパー・フェザー級&ライト級王者、ラジャダムナン認定フェザー級王者、WPMFムエタイ世界ライト級王者)

サムエー・ガイヤーンハーダオ(34=タイ/ルンピニー認定スーパー・フライ級&バンタム級王者)

ジョルジオ・ペトロシアン(32=イタリア/K-1 WORLD MAX 2009&2010世界トーナメント優勝、英雄伝説・世界70kg級王者)

ジョー・ナタウット(25=タイ/Lion Fight世界スーパー・ウェルター級王者)

シントンノーイ・ポーティラックン(タイ)

セルゲイ・マスロボエフ(30=リトアニア/WKA世界ヘビー級王者)

デェダムロン・ソー・アミュアイシルチョーク(39=タイ/ルンピニー認定ミニ・フライ級&ライト・フライ級&フライ級王者)

ノンオー・ガイヤーンハーダーウジム(31=タイ/ルンピニー認定スーパー・バンタム級&フェザー級&スーパー・フェザー級&ライト級王者、ラジャダムナン認定ライト級王者)

ファビオ・ピンカ(33=フランス/WBCムエタイ・ウェルター級&スーパー・ライト級王者、Lion Fightウェルター級王者、ISKAムエタイ世界ウェルター級王者、ラジャナムナン・ウェルター級王者)

ペッブンチュー・FAグループ(28=タイ/ルンピニー認定バンタム級&フェザー級&スーパー・フェザー級&ライト級王者、ラジャダムナン認定スーパー・ライト級王者、WBCムエタイ世界ライト級王者)

ヨードセングライ・フェアテックス(32=タイ/ルンピニー認定フライ級&ウェルター級王者、WPMFムエタイ世界スーパー・ミドル級&スーパー・ウェルター級王者、Lion Fight世界ミドル級王者)

ヨッドチェリー・シットヨートン(19=タイ)

レジアン・エールセル(25=オランダ/Lion Fightスーパー・ウェルター級&スーパー・ミドル級王者)

●編集部オススメ

・キックボクシングイベント旗揚げ、元K-1王者ペトロシアンら超豪華メンバー参戦

・ONE史上初のムエタイマッチで“左ミドルの達人”サムエーが躍動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース