TOP > ニュース

【DEEP】長倉立尚と釜谷真が地元関西で国際戦

2018/03/02(金)UP

DEEP随一のハードパンチャー長倉(左)が、ウェステック(右)と対戦する

 4月8日(日)大阪・城東KADO-YAがもよんホールで開催される『DEEP CAGE IMPACT 2018 in OSAKA』の追加対戦カードが発表された。

 大阪出身の長倉立尚(33=吉田道場)が地元に凱旋、ロバート・ウェステック(アメリカ/SPIKE22)と対戦する。

 長倉はラグビー出身で、DEEPフェザー級きっての強打者。2011年8月と2016年12月にDEEPタイトルマッチに臨んだが、いずれも王座獲得ならず。昨年10月大会でジョイ・ボーイ(アメリカ/SPIKE 22)を左フックでKOし、三度タイトルを目指しての参戦となる。

 対戦相手のウェステックは7勝10敗の戦績で、KO勝ちが2試合、関節・絞め技による一本勝ちが3試合ある。過去に5連敗と4連敗があって負け越しているが、現在は連勝中と調子を上げている。また、サイパンのローカル団体『Trench Warz』のライト級王座を保持。

釜谷(左)は再起戦でベナベンテ(右)と対戦する

 京都府出身の釜谷真(34=TRI・ H ・STUDIO)も関西凱旋となり、ピータ―・ベナベンテ(vida jujitsu)と対戦。

 釜谷は2005年デビューの大ベテランで、昨年10月にDEEPバンタム級次期王者挑戦者決定戦に挑んだがソン・ジンスに敗れ、今回が再起戦。オールラウンドファイターでフロントチョークを得意とする。対するベナベンテは柔術をバックボーンに持つ。

 長倉も釜谷もDEEPトップクラスの実力者。地元関西でインパクトのある試合をして大会に華を添えるか。

<決定対戦カード>

▼DEEPフェザー級 5分3R
長倉立尚(吉田道場)
vs
ロバート・ウェステック(アメリカ/SPIKE22)

▼DEEPバンタム級 5分3R
釜谷 真(TRI・ H ・STUDIO)
vs
ピータ―・ベナベンテ(vida jujitsu)

【大会・チケット情報】 4・8 DEEP OSAKA 実行委員会 「DEEP CAGE IMPACT in OSAKA 2018」

●編集部オススメ

・流血の激闘を長倉が制し、吉田道場での三階級制覇を宣言

・中井りんが圧倒のTKO勝ちで完全復活

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース