TOP > ニュース

【クンルンファイト】出場取り消しの松倉信太郎と再起目指す健太が参戦

2018/03/05(月)UP

K-1と所属ジムとのトラブルで試合が消滅した松倉(左上)の再起戦が決まった

 3月11日(日・現地時間)中国・三亜(サンヤ)のマングローブツリーリゾートホテルで開催される『Kunlun Fight 70』に、日本からWBCムエタイ日本ウェルター級王者・健太(E.S.G)と松倉信太郎(TRY HARD GYM)の参戦が決まった。

 松倉は今年も開催される総勢64名による70kg世界トーナメントに参戦。予選第一組(4人制トーナメント)1回戦でフー・ヤーフェイ(中国)と対戦。勝ち上がればエラム・チャベス(スペイン)vsビクター・ナグベ(オーストラリア)の勝者と2回戦で対戦する。ナグベはブアカーオやヨードセングライなどムエタイの大物と対戦経験がある選手。

健太(左)の出場も決定。昨年8月のクンルンファイトでは敗れており、今回こそ白星なるか

 当初、松倉は2月18日に開催された『ビッグバン・統一への道 其の32』に出場が決まっていたが、所属ジムとK-1との契約トラブルにより出場取り消し処分となっていた。松倉は自身のSNSにて「急ではありますが3月11日に中国の海南島で行われるKunlun fightの70kgトーナメントに出場する事になりました! 1年ぶりにやっと試合が出来るので二試合も出来てラッキーです。とりあえず1年ぶりに追い込みして減量して思う事は、切実に早く試合になって欲しい(笑)」と、試合が決まった喜びを投稿している。

 健太は66kg契約スーパーファイト(ワンマッチ)でフォン・レイ(中国)と対戦。健太は2月のKING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント1回戦で不可思に敗れており、これが再起戦となる。

●編集部オススメ

・不可思が大接戦の末、健太を振り切る

・【K-1】メインの武尊vs大雅戦が消滅、大雅は王座剥奪に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース