TOP > ニュース

【K-1】メインの武尊vs大雅戦が消滅、大雅は王座剥奪に

2018/02/03(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

緊急会見を行った宮田プロデューサー

 2月3日(土)都内にて緊急記者会見が行われ、3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』のメインイベントで、武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と対戦することが決定していたK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・大雅(TRY HARD GYM)の欠場が発表された。

 会見に出席した宮田充K-1&Krushプロデューサーによると、昨年末にTRY HARD GYM側に契約違反があったことで両側が話し合いを行い、一度は改善の機会を与えて合意の上で契約関係を継続することになったという。

カード発表会見ではピリピリムードだった大雅と武尊

 その後、TRY HARD GYM所属選手との契約に基づいて対戦カードを発表し、イベントプロモーションを進めてきたが、今年に入ってTRY HARD GYMから契約の合意事項の一方的な破棄を含む不当な要求があり、「さらにこの要求が認められなければ、試合に出場しないとの主張があった」とのこと。

「我々は興行という形でイベントを開催しているが、法令や契約を重視してコンプライアンスを徹底するのが当社の立場。TRY HARD GYMによる契約無視の強引な手法は看過することが出来ません。止むをえず、試合に出場しないとの主張を受けて、我々としてもこれ以上関係を継続することは出来ない判断に至りました」と宮田プロデューサーは説明する。

 この日までTRY HARD GYM河部儀信代表、代表代行の河部弘也(=HIROYA)に話し合いを申し出ていたが、現在は面談、電話いずれも拒否されている状態だという。

 この事態を受けて、大雅だけでなく、2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.85』でゴンナパー・ウィラサクレックと対戦する瑠輝也、2月18日(日)東京・ディファ有明で開催される『ビッグバン・統一への道 其の32』に出場する松倉信太郎と安保璃紅のTRY HARD GYM所属選手も出場取り消し。大雅が保持するK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王座は剥奪となった。

 なお、2月のゴンナパー、3月の武尊のそれぞれの対戦相手は現在調整中。3月の大雅応援シート購入者はチケットの払い戻しを受け付けるとのこと。

●編集部オススメ

・大雅vs武尊3度目の激突、大雅の「嫌い」発言に武尊は「ぶっ潰してやる」

・初対決では武尊が大雅をバックハンドブローでKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース