TOP > ニュース

【ボクシング】井上尚弥が3階級制覇へ、バンタム級王者に挑戦

2018/03/06(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

三本の指を立てて3階級制覇を示した井上

 井上尚弥(24=大橋)が3階級制覇に挑むことが決まった。3月6日(火)都内にて記者会見が行われ、5月25日(金)東京・大田区総合体育館にてWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(31=イギリス)に挑戦することが発表された。

 これまでWBC世界ライトフライ級王座、WBO世界スーパーフライ級王座を獲得した15戦15勝(13KO)のモンスター井上が、いよいよ3階級制覇に乗り出す。

 王者マクドネルは身長178cm(井上は164.7cm)、リーチは183cm(井上は169cm)と井上を大きく上回る。2013年5月にIBF世界バンタム級王座(防衛戦はすることなくはく奪)、2014年5月にWBA王座を獲得。これまで5度の防衛に成功しており、2015年5月と9月に亀田和毅と2度対戦して2度目と3度目の防衛。2016年11月には山中慎介とも対戦したリボリオ・ソリスの挑戦を退けている。戦績は29勝(13KO)2敗1分1無効試合。

 今回の試合決定に井上は「素直に凄く嬉しかったですし、モチベーションが上がりました。バンタム級は日本のファンの方が馴染みのある階級だと思いますし、自分自身小さい頃から見てきた階級がバンタムが多かったので、自分もそのステージにいけるのが楽しみです」と意欲。

 マクドネルについては「基本的な戦い方は変えませんが、その中でも身長差をどう考慮して戦うのか、これから作戦をたてたい」とやはり身長差がポイントとなるが、「バンタムが一番今の体重とも合っていますし、長期防衛できる階級だと思っています」と、新天地のバンタム級で具志堅用高・白井具志堅ジム会長が保持する13度防衛の日本記録を更新したい、と目標を掲げた。

●関連
井上尚弥、山中倒したネリ戦にも意欲の記事はこちら

●編集部オススメ

・井上尚弥がTKO勝利でV7達成、来年はバンタム転向示唆

・井上尚弥がV6、アメリカ初進出をTKO勝利で飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース