TOP > 試合結果

【ボクシング】井上尚弥がV6、アメリカ初進出をTKO勝利で飾る

2017/09/09(土)UP

強烈な左ボディブローをニエベス(右)に何度も叩き込み、TKO勝利した井上尚弥(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 9月9日(土・日本時間10日)アメリカ・カリフォルニア州カーソンのスタブハブセンターにて、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われ、井上尚弥(24=大橋ジム/同級王者)が20戦17勝のアントニオ・ニエベス(30=アメリカ/同級7位)に6R終了時TKO勝ちを収め、6度目の防衛に成功した。

 井上は1Rから前へ出てプレッシャーをかける。井上のパンチを警戒しガッチリガードするニエベス。井上は前へ出ながらジャブからワンツー、左ボディをヒットさせる。2R終盤、井上の左ボディブローを効かせてからの右ストレートがニエベスの顎を捉えぐらつかせる。

 3、4Rとガードの固いニエベスに手を出させ、ガードの空いたところを狙っていく井上。

 5R ニエベスの連打を井上が低くかわし左ボディブローがヒットさせる。これでニエベスの動いが止まり、さらに距離を詰めて再び左ボディを入れると、ニエベスがダウン。起き上がったニエベスはボディを打たれながらも腰を引きながら井上の顔にフックをヒットさせるが、井上はかまわずボディを攻めていく。

 6R、井上がボディの連打。ニエベスはガード一辺倒。6R終了後、相手は試合を放棄。井上がアメリカデビュー戦を見事TKOで飾り、14戦全勝(12KO)と連勝記録も伸ばした。

「生中継!エキサイトマッチスペシャル 井上尚弥&ロマゴン ダブル世界戦」
【放送日】9月11日(月)夜9:00〜[WOWOWライブ]※リピート放送
http://www.wowow.co.jp/sports/excite/

●編集部おすすめ
・井上尚弥が圧巻のKO勝ちでV5=2017年5月

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果