TOP > ニュース

【UFC】中村K太郎が半年ぶりの参戦、連勝狙う

2018/03/09(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ここまでの戦績は3勝2敗。初の連勝を狙う中村(左)

 4月21日(土・現地時間)アメリカ・ニュージャージー州アトランティックシティで開催される『UFC FIGHT NIGHT:Atlantic City』に、元DEEPウェルター級王者・中村K太郎(33=和術慧舟會K太郎道場)の参戦が決定した。

 中村は必殺のチョークスリーパーを武器に2003年10月のプロデビューから17戦負けなしの快進撃。2006年12月にUFC初参戦を果たすも初黒星を喫し、3連敗を喫して契約解除されたが、2015年9月に開催されたUFC日本大会で負傷欠場した国本起一の代役として約7年ぶりにUFC復帰。大逆転勝利でパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(ボーナス)を受賞した。

 その後はUFCで勝ちと負けを交互に繰り返して3勝2敗。前回は2017年9月のUFC日本大会でアレックス・モロノ(アメリカ)から勝利を奪った。今回は初の連勝を狙うことになる。

 対戦相手のトニー・マーティン(28=アメリカ)は2014年からUFCに参戦し、ライト級で活躍してきたが今回からウェルター級に階級をアップ。UFC戦績は4勝4敗で、前回は2017年9月にオリビエ・オービン・メルシエと対戦して判定負けを喫したが、それまではジョニー・ケースやアレックス・ホワイトらに勝利して3連勝していた。

 中村は「トニー・マーティン選手の印象はグラップラー(寝技主体の選手)で、実際にサブミッションでフィニッシュした勝利が多いのですが、この試合は僕がサブミッションを極めてフィニッシュしたいと思います。応援よろしくお願いします」と、一本勝ちを狙うと宣言している。

 同大会では佐々木憂流迦(ささき・うるか/28=フリー)vs元WSOFフライ級王者マゴメド・ビブラトフ(29=ロシア)も決定している。

UFCデビュー戦となった昨年9月の日本大会では勝利を収めた朱里(左)。連勝なるか

 また、5月19日(土・現地時間)チリ・サンティアゴにて開催される『UFC FIGHT NIGHT』で、ポリアナ・ボテーリョ(29=ブラジル)と対戦するパンクラス女子ストロー級王者・近藤朱里(VOS GYM/日本でのリングネームは朱里)のコメントも届いた。

 近藤は「UFCの2戦目が決定して嬉しいです。目標はUFCチャンピオンなので気を引き締めて練習します。印象に残る試合が出来たら、盛り上がる試合が出来たらと思います。(対戦相手のボテーリョは)手足が長く、力の強い選手だと思いました。とても強い選手ですが、勝つのは私です! しっかりコンディションを整え、勝利の報告ができるよう頑張ってくるので応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。

Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

●編集部オススメ

・網膜はく離から復帰した中村が勝利

・パンクラス女王・近藤朱里の2戦目決まる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース