TOP > 試合結果個別

【UFC】網膜はく離から復帰した中村が勝利

2017/09/23(土)UP

UFC
「UFC FIGHT NIGHT JAPAN」

2017年9月23日(土)さいたまスーパーアリーナ

▼第4試合 ウェルター級 53R
〇中村K太郎(和術慧舟會K太郎道場/DEEPウェルター級王者)
判定2-1 ※29-2828-2929-28
●アレックス・モロノ(アメリカ)

網膜剥離から復帰した中村が判定2−1と接戦を制した

 中村は必殺のチョークスリーパーを武器に200310月のプロデビューから17戦負けなしの快進撃。200612月にUFC初参戦を果たすも初黒星を喫し、3連敗を喫して契約解除されたが、20159月に開催されたUFC日本大会で負傷欠場した国本起一の代役として約7年ぶりにUFC復帰。大逆転勝利でパフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(ボーナス)を受賞した。 

 その後はUFC22敗。今回は網膜はく離の手術から約1年ぶりの復帰戦となる。

 対するモロノはブラジリアン柔術黒帯、テコンドー黒帯で得意技はフロントチョーク。134敗の戦績で、関節・絞め技による勝利が5回、打撃によるKO4回。そのうち1R決着は8回、90秒以内の決着が4回という速攻タイプだ。

 1R、ジャブで前に出るのはモロノ。強烈な右フックも叩き付けてくる。中村の左三日月蹴りがヒットすると、モロノは明らかに効いた反応を見せて下がる。再びジャブで前へ出てくるモロノ。中村は落ち着いてパンチをかわしていく。

 2Rも左ミドルをクリーンヒットさせていく中村。お互いにジャブを出し合い、モロノは右フック、サウスポーの中村は左ストレートを狙う。モロノの右ハイはしっかりブロックし、中村は左ミドルを蹴っていく。

 3R、中村がここでついに初タックル、テイクダウンに成功。これはモロノに立たれた。スタンドに戻ると、中村が左ストレートでモロノを仰け反らせる。モロノの右フックで中村は側頭部から大量出血。しかし、残り2分で再びテイクダウンに成功。

 すぐに立つモロノに中村は左ミドル。パンチを多く出すのはモロノだが、ヒット数は中村が優る。最後はパンチの打ち合いとなって試合終了。判定は2-1と割れたが、中村が勝利を収めた。

※全試合結果はこちら

●編集部おススメ
1年ぶり復帰の中村K太郎、2年前と同じ逆転劇狙う
“裸絞め十段”K太郎が「妻のためにも一本勝ち」宣言!

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 試合結果個別