TOP > ニュース

【ボクシング】比嘉大吾、米国進出見据え「わかりやすく倒していく」

2018/04/03(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

野木トレーナー(右)の持つミットに剛腕パンチを叩きつける比嘉(左)

 4月3日(火)都内の白井具志堅ジムにて、15日(日)横浜アリーナでWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)とそろって世界王座の防衛戦に臨むWBC世界フライ級王者・比嘉大吾(22=白井具志堅)の公開練習が所属先のジムで行われた。

 比嘉は同級2位クリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)の挑戦を受けての3度目の防衛戦。ロサレスは比嘉と同じ右ボクサーファイターで戦績は29戦26勝(17KO)2敗。

 練習前の囲み会見で、比嘉はあと5kg程度を落とす必要があると話し、1週間前に3kgオーバーくらいのペースがベストだと話した。たくわえたヒゲの奥の表情には疲れのピークである様子も伺えるが、シャドーボクシングで身体を温めてからの1ラウンドずつのスパーリング、ミット打ち、パンチングボールなどの練習で、その動きはキレている印象だった。スパーリングは今回のために100ラウンド以上をこなしてきたという。

スパーリングを披露する比嘉。背後では具志堅会長が目を光らせる

 なお、試合直後の17日には県民栄誉賞の授与式が決まっている。師であり、同じく沖縄の英雄である具志堅用高会長は「相手は比嘉みたいな選手と戦ったことはないはず。比嘉はカウンターを警戒せず、左右のフックを存分に振るってほしい」と期待を寄せた。

 前回2度目の防衛戦は2月4日、地元・沖縄で同級9位モイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1RでKO。同じ沖縄出身である浜田剛史が持つ15連続KOの日本記録に並んだ。今回勝てば、日本史上最多である16連続KOの達成でもある。将来に米国進出を見据えている比嘉は「英語の話せない選手が行くには、わかりやすく倒していくしかない」と、今回のみならず、今後も豪快に勝っていくことを宣言した。

【大会・チケット情報】 4・15 帝拳プロモーション「FUJI BOXING WBA世界ミドル級タイトルマッチ/WBC世界フライ級タイトルマッチ」

●編集部オススメ

・比嘉大吾が沖縄でV2。連続KO日本記録に並ぶ

・比嘉大吾の3度目の防衛戦が4月に決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース