TOP > ニュース

【ボクシング】比嘉大吾の3度目の防衛戦が4月に決定

2018/02/19(月)UP

共にV3戦に挑む比嘉大吾(左)と拳四朗

 415日(日)、横浜アリーナにてWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)とWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(26B.M.B)のそれぞれの防衛戦が決定(後日、拳四朗の世界戦は5月25日に変更が発表)。19日、記者会見が都内ホテルにて行われた。メインには村田諒太(32=帝拳)の初防衛戦が既に決定しており、15日の横浜アリーナは村田、比嘉、拳四朗のトリプル世界戦となる。

 比嘉の相手は同級2位のクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)。比嘉と同じ右ボクサーファイターで2926勝(17KO2敗。

比嘉はKO新記録目指す

 比嘉の前回の試合から2週間での世界戦決定について具志堅会長は「(前回の)試合はもう昨日のよう。まさか1Rで終わると思ってなかった。そのままの状態を次戦に持っていけるのでやりやすい」とし、相手に関しては「なかなか強く前に出てくるタイプ。打ち合いに行けばファンも喜ぶのでは。比嘉はもう練習を再開している。連続KO日本新記録に挑戦する」と前回、浜田剛史氏の15連続日本KO記録に並んだが、次戦KOで新記録樹立に意気込む。

2月4日、前回の比嘉の試合。1回KOで連続KO日本記録に並んだ

 比嘉は試合の決定の早さについては「いつも1週間も経たないうちに練習を始めているので問題ない」とし、相手に関しては「手数も多くて左フックでダウンやKOをしている試合が多い。トレーナーと(作戦を)練って試合に挑む。16回目をKOで勝ってみんなにインパクトを残せるように頑張りたい」とコメントした。

 また、拳四朗の相手は同級1位のガニガン・ロペス(36=メキシコ)。昨年5月、拳四朗は王者だったこのロペスを2-0の僅差の判定で下し王者となっている。

拳四朗はロペスと再戦。前回、僅差の勝利に「次は倒す」と意気込む

 今回の試合はリターンマッチとなるが、拳四朗は「2回目なんで今度はしっかり倒して行きたい。防衛するごとに自信はついてる。今回は倒します」と今回こそ白黒ハッキリつけたい様子。

 父であり所属ジム会長の寺地氏もKOを指示していくとし、「前回、最後の打ち合いは打ち負かした。あの打ち合いを早い段階で出せれば」と早い段階からペースを掴みKOに繋げたいとした。

●編集部オススメ

・比嘉大吾が沖縄でV2。連続KO日本記録に並ぶ

・出た、拳四朗が必殺の”北斗百裂拳”でKO勝利

・拳四朗の試合が5月に延期、井上尚弥とダブル世界戦に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース