TOP > ニュース

【Krush】名古屋大会に野杁正明、大和哲也、KANA出場

2018/04/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

今年も名古屋大会の実行委員長を務める佐藤嘉洋(左)と宮田充K-1プロデューサー(右)

 Krush夏の恒例イベントである名古屋大会『Krush.92~in NAGOYA~』の開催が、8月18日(土)名古屋国際会議場イベントホールで決定した。

 4月10日(火)都内で記者会見が行われ、佐藤嘉洋・大会実行委員長が出席。出場予定選手としてK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者の野杁正明(K-1ジムEBISU)、2010K-1 WORLD MAX -63kg日本王者・大和哲也(大和ジム)、Krush女子フライ級王者KANA(K-1ジム・シルバーウルフ)の名をあげた。

 この3選手は昨年の名古屋大会にも出場しており、いずれもKO勝ちを飾っている。今年も同じメンバーにした理由を佐藤委員長は「昨年の名古屋がKrush史上最高のKO率だったそうなんです。神興行でした。普通メインクラスまでKOが続くとプレッシャーがかかってしまったりすることあるんですが、この3人は全く意に介さずにどんどん凄い試合をしました。最大限の評価をしたいので今年もこの3人で行きたいと思いました」と説明。

「野杁選手はより円熟味がかかった試合を見せてくれると期待しています。大和選手は気迫やオーラは衰えていないし、彼の実力は魅力に溢れています。KANA選手は昨年、名古屋が衝撃を受けたKO勝利でした」とそれぞれ評した。

昨年のトリプルメインイベントは日本vs世界3対3マッチが行われ、トリを務めた野杁(右)は2RでKO勝ち

 対戦相手に関してはまだ決まっていないが「昨年は世界vs日本3対3が出来ました。僕は実行委員長が3年目になりますので、グレードアップしたところを見せたいので昨年より凄かったと言われるようなネタを用意したいと思っています」と意欲を燃やす。

 その他の出場選手に関しては「個人的にはK-1ヘビー級に参戦が決まった加藤久輝選手にもぜひ出てもらいたいですし、他にも泰斗選手、地元出身の大岩龍矢選手にも出てもらいたい。愛知県の選手はまだ名が通っていない選手がいますが、地方のジムにもたくさんプロがいるので個人的にはその選手たちの出場も希望しています」と、愛知県出身の選手をどんどん出していきたいとした。

 また、「出来れば篠原悠人選手、近藤拳成・魁成選手の近藤兄弟は素晴らしいので、関西の選手にもたくさん来て欲しいと思っています」と関西勢の参戦も呼び掛ける。

 昨年は大会前に佐藤委員長の家に空き巣が入り、名古屋大会のチケット売り上げ金を含む1000万円超の被害に遭った。そこから佐藤委員長を助けたいということで残りのチケットが一気に売り切れるという「空き巣バブルがあった」(佐藤委員長)という。

「空き巣には入って欲しくないですが、昨年と同じくらい売れたらいいなと。昨年は300人くらいKrushを全く知らない人たちも動員して、その人たちが来年も行くよと言ってくれる試合をしてくれたので、今回は空き巣の力なく前回よりも早く完売させたい」と今年もソールドアウトを目標とし、「今年は会場の都合で実現しなかったので、Krush名古屋大会を盛り上げて来年こそ名古屋でK-1をやりたいと思っています」とK-1名古屋大会も実現させたいと語った。

●編集部オススメ

・野杁、大和、KANAが名古屋でKO競演=昨年の名古屋大会

・佐藤嘉洋が総額1000万円超の空き巣被害に遭う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース