TOP > ニュース

【ボクシング】「村田諒太vsゴロフキンを東京ドームで今冬やりたい」プロモーターのボブ・アラム氏

2018/04/13(金)UP

村田諒太(左)とボム・アラム氏

 4月15日(日)横浜アリーナにて行われるWBA世界ミドル級タイトルマッチで王者・村田諒太(32=帝拳ジム)は同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)を相手に初防衛戦を行うが、13日(金)都内で両者の調印式と記者会見を行が行われた。
 会見には全米屈指の敏腕プロモーターで、マニー・パッキャオのプロモートも手がけるトップランク社のボブ・アラム氏も出席し、村田の試合への期待を語った。

「この半年で日本に来るのは2度目だが、前回も村田の世界戦だった(昨年10月のアッサン・エンダム戦)。前回の試合はESPN(アメリカのスポーツTV局)で生放送され、アメリカ東海岸時間で朝7時半からだったにも関わらず、いい数字を出した。今回は朝8時からESPNで生放送、夜に再放送されるが、前回以上の数字を出すだろう」とアラム氏。

ミドル級3団体統一王者のゴロフキン(getty images)

 そして、さらに驚くべき構想を明かした。ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と村田を東京ドームで対戦させたい、というのだ。

 ゴロフキンは38戦37勝(33KO)1分という戦績を誇る無敗のスーパー王者である。

「GGG(ゴロフキンのニックネーム)のマネージャーと私はとても仲がいいんだ。私はGGGと村田を東京ドームで対戦させたい。実現すれば日本で史上最大のファイトになるだろう」とアラム氏。そして「遅くとも今年冬までには実現させたい」と言う。

会見で談笑する村田とアラム氏。果たしてドームでのビッグマッチ実現なるか

 ただし、この話は、まだプランの段階だ。

「まだ誰も合意したわけではない。だが私は、日本で村田とタイトルマッチをやるよう、GGGを説得することができると思う」と自信満々に語った。

 しかし、そのためにはまず、村田が今回の初防衛戦をクリアする必要がある。勝てば、村田にとって、大いなる夢が広がる。東京ドーム戦が実現すればボクシングでは90年2月に51,600人を動員したマイク・タイソンvsジェームス・ダグラス以来となる。(稲垣收)

●編集部オススメ

・村田諒太、4月の初防衛後はゴロフキンら大物との対戦を視野

・ゴロフキンがドロー防衛で連勝記録ストップ。再試合「是非やりたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース