TOP > ニュース

【Krush】新チーム結成のレオナ・ペタス「-60kgの選手を全員潰す」

2018/04/17(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

石の拳と呼ばれる程のハードパンチを持つレオナ

 4月22日(日)東京・後楽園ホールで開催の『Krush.87』で、K-1甲子園2016 -60kg王者・西京佑馬(17=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) と対戦する、レオナ・ペタス(25=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)のコメントが主催者を通じて届いた。
 
 レオナは昨年12月の後楽園大会で原田ヨシキにKO勝利し、今回が2018年の初陣。対する西京はプロ戦績3戦3勝(1KO)無敗の新鋭。

 対戦相手が西京に決まった事について「記者会見の時はほとんど試合映像を見ていなくて、移動中の車の中でちょっと見ただけだったんですよ。やることはないだろうと思っていた相手なので、特に試合を見たこともなくて。でもまあそっちが受けてくれるんだったら、こっちは選ばないんで全然普通にやるよって感じですね」と話すレオナ。17歳の挑戦を受けて立つといったところか。

記者会見に参加したレオナ(左)と西京(右)。レオナはこの会見でも強気の発言を繰り返した。

 プロ戦績はまだ少ないが、K-1甲子園の優勝者でポテンシャルを高く評価されている西京について「形がすごく綺麗ですよね。(技も)上手でバランスがいい選手」と評価したが、続けて「戦績は3戦3勝1KOでしたっけ。そうは言っても、その3戦は特に知らないような選手ばかりで、別に上の選手とやってるわけではないじゃないですか。
 
 僕もデビューして3戦3勝3KOで成人式の日に試合をして後藤勝也選手に叩き潰されたんで、僕も同じ感じで叩き潰そうかなと思います。いい試合をするつもりはないし、倒して勝ちます」と語り、かつて自分がやられたように西京も叩き潰すと宣言。

昨年12月、原田(右)に右ストレートでKO勝ちしたレオナ

 また、今年から自らのチームを結成して所属も変わり、心境の変化があったという。「僕が(チームの)代表になったんで、僕がチームを背負っていかなきゃいけないと思っています。代表になって1戦目で僕が負けちゃったら、他のメンバーがついてこないと思うので、ちゃんと勝たないといけないですね」と、代表としてチームを背負う気持ちができた。
 
 新しい練習環境で「練習したらした分だけ強くなっていますよ」と充実した練習が出来ていると話し、「僕のイメージでは『-60kgで誰もあいつには勝てない』や『皆やって皆負けてるし、レオナ以外に誰が挑戦するんだよ?』というところまで行って、他に挑戦者がいなくなるのがベストだと思っている。その状態を作るつもりです」と、周囲の誰もが認める状態でその時のチャンピオンに挑戦したいという。

2月、18歳・優谷との十代対決で完勝した西京(左)

 現在のKrush-60kg王者である郷州征宜には島野浩太朗が挑戦する事が決まっており、しばらくタイトル挑戦のチャンスが巡って来ない事に関しては「別にそれには腐ってないですね。時間をくれるんだったら、僕がもっと強くなるだけなので。むしろチャンピオンは早いうちに俺とやっといた方がよかったんじゃないの?ってところです」と、一貫して強気の発言。
 
 さらに「-60kgのタイトルに一刻も早く挑戦できるように、来たオファーを受けて倒せるところでちゃんと倒す。そうやってみんな潰していけば最後に自分が残ると思うので、-60kgの選手を全員潰します」と意気込み、ファンへ向けては「最近は皆さんから安定感があると言ってもらえるんですけど、安定感だけじゃなくてしっかりと倒せるところを見て欲しいですね。自分は2連続KOで勝つつもりです」とメッセージを送った。
 

【大会・チケット情報】 4・22 Krush実行委員会「Krush.87」
 

●編集部オススメ

・レオナ・ペタスの6秒KO宣言に、西京佑馬は「負ける気はしない」

・"石の拳"レオナが右ストレートで原田をKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース