TOP > ニュース

【KNOCK OUT】江幡塁はKO宣言、小笠原瑛作は「楽しませて勝つ」

2018/06/07(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ついに実現するスーパーバンタム級の国内トップ対決、小笠原(左)vs江幡(右)

 6月8日(金)東京・後楽園ホールにて開催されるキックボクシングイベント『KNOCK OUT 2018 SURVIVAL DAYS』の前日計量が、7日(木)都内にて19:00より行われた。

 第4試合でついに激突するキックボクシングファン待望の一戦、WKBA世界スーパーバンタム級王者・江幡塁(27=伊原道場)は55.50kg、ISKA K-1ルール世界バンタム級王者・小笠原瑛作(22=クロスポイント吉祥寺)は55.30kgで計量をクリアー。

 江幡は「明日は必ずKOで勝って、刺激のある試合を見せたいと思います」とKO宣言。対する小笠原は「今年一発目のKNOCK OUTでの試合なので、ばっちりお客さんを楽しませて勝ちます」と意気込みを語った。

パンチャーのタネ(左)vs首相撲の石川(右)

 KING OF KNOCK OUT初代フライ級王座決定トーナメント1回戦で対戦する、WBCムエタイ日本統一フライ級王者タネヨシホ(18=直心会)と新日本キックボクシング協会フライ級王者・石川直樹(31=治政館)は、ともにリミットちょうどの51.0kgで計量をクリアー。

 石川は「明日は首相撲からのヒジ、ヒザでKNOCK OUTに新しい風を吹かせます。必ず優勝します」と、得意の首相撲からのヒジ打ち・ヒザ蹴りで勝負すると宣言。対するタネは「石川選手は首相撲が上手いみたいですが、男と抱き合う気はないので1Rから倒しに行きます」と、首相撲には持ち込ませないと言い放った。

沖縄から参戦した仲山(左)vsタイでも試合経験豊富な山田(右)

 同じくKING OF KNOCK OUT初代フライ級王座決定トーナメント1回戦で対戦する、RKAフライ級王者・仲山大雅(19=RIOTジム)は50.90kg、WMC日本スーパーフライ級王者・山田航暉(19=キング・ムエ)は51.0kgで計量をクリアー。

 仲山は「明日のためにいっぱい練習してきたので、しっかり倒して勝ちます」とKOで1回戦を突破すると言い、山田は「明日は1回戦なのでとりあえず勝って、優勝までします」と優勝宣言した。

【大会・チケット情報】 6・8 キックスロード「KNOCK OUT SURVIVAL DAYS」

●編集部オススメ

・フライ級トーナメント組み合わせ決定、1回戦で石井一成vs政所仁の再戦

・初代フライ級王座決定トーナメント全選手決定、強打者集う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース