TOP > ニュース

【NJKF】福山雅治を尊敬するキックボクサー健太「完成度の高い」勝利を予告

2018/06/13(水)UP

“NJKF”の顔として活躍する健太

 6月24日(日)東京・後楽園ホールにて開催のキックボクシングイベント『NJKF 2018 2nd』のメインイベントで対戦するWBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(30=E.S.G)と、第2代DEEP☆KICK65㎏級王者の憂也(24=魁塾)の試合前コメントが主催者を通じて届いた。

 健太は77戦のキャリアを持ち、NJKFを長くけん引してきた大ベテラン。試合間隔を空けないことでも知られる。前回は5月6日の中国・クンルンファイトで、今回で今年早くも5戦目となる。「久しぶりに1ヵ月半以上試合が空いたんですけど、今回は準備期間が長くあったので万全中の万全です」と健太的には試合間があり、準備万端と語る。

月イチ試合男の健太(左)が強打の
DEEP☆KICK王者・憂也(右)を迎える

 対戦相手の憂也の印象を健太は「しっかり強い選手だと思っているので、いつも通り手合わせしてみて、そこから考えていこうと思ってます」と試合しながら攻略法を見つけてゆくつもり。

 デビューから13年半経つ健太だが「確実に最近の方が完成度が上がっているなというのがあります」とモチベーションは高い。「尊敬する福山雅治さんの歌詞に“一番新しい自分が一番好きになるように”っていうのがあるんですけど、まさにそれだなと思います。それこそプロフェッショナルシストです」と、自らのブログタイトルでもある「プロフェッショナルシスト」の言葉を出し自分好きをアピール。

今年4月の水落洋祐戦でハイキックを直撃させる健太。1RでKO
勝ち

 試合の2日後には31歳の誕生日を迎えるが「30歳は1年で11試合してました。もう試合の記憶しかないです。でも、これから先もそうあってほしいです。やっぱりまだまだ、まだまだ楽しいので」と30代に入ってますます意気盛んだ。

 ファンに向けては「メインを任されているので、きっちりNJKFの顔が健太だっていうところを見せつけて、貫禄の勝利を収めたいと思います。完成度の高い健太の戦いを見て、みんなで一緒に酔いしれる夜にしましょう」と圧巻の勝利を収めると予告した。

ハイキックを繰り出す憂也

 対戦相手の憂也は6連続KO勝利したこともあるハードパンチャー。昨年4月には初の海外試合で、中国の『WAR WOLF FIGHT』に出場、2015年英雄伝説準優勝者に競り勝っている。

 健太の印象を憂也は「過去1番と言っていいかもしれない相手です。印象は穴が少ない選手ですかね。一手先、二手先、三手先を考えて試合を組み立てたり、今回は5Rの試合でその5Rの組み立て方も上手いと思います。そういう意味で“ベテラン”という印象です」とベテランならではの完成度の高さを評価。

「ただ相手が健太選手ということはそこまで深く考えてはいなくて、自分を出せていけたらって思っています。その中で5Rもあるので、できたら倒しにいこうと思っています」と、臆さずKOを狙うと語った。

「テクニックの部分も見せて、最後は倒しに行ける試合を見せられたらと思っています。倒そうと思いすぎて見過ぎてしまったり、行くところを間違えてこないだもカウンターをもらってしまったので、今回はそこを的確に見てやりたいです」と冷静にKOを狙っていくと話した。

【大会・チケット情報】 6・24 NJKF事務局「NJKF 2018 2nd」

●編集部オススメ

・初参戦の健太、褐色のナルシスト時代を後悔

・DEEP☆KICK王者・憂也が中国で勝利

・健太が初回TKO勝ち、水落洋祐との実力者対決に圧勝(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース