TOP > 試合結果

【UFC】ミオシッチがファブリシオ破り、新ヘビー級王者に

2016/05/14(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

Zuffa
「UFC 198」
2016年5月14日(土・現地時間)ブラジル・パラナ州クリチバ
アレナ・デ・バイシャーダ

ヴェウドゥム(右)を1RKOしたミオシッチ(左)

▼UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
○スティペ・ミオシッチ(クロアチア/UFCヘビー級2位・挑戦者)
KO 1R 2分47秒 ※パンチ
●ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル/UFCヘビー級王者)
※ミオシッチが新王座に就く。ヴェウドゥムは初防衛に失敗。

 2015年6月に第18代UFCヘビー級王座に就いたファブリシオ。寝技世界最高峰の舞台と言われるアブダビコンバットを連覇した寝技の技術を武器に、あのエメリヤーエンコ・ヒョードルからもMMA(総合格闘技)ルールで史上初めてタップを奪ったこともある。

 対するミオシッチは、アメリカで最大権威のアマチュアボクシング大会『ゴールデングローブ』で優勝したパンチを武器に、2011年からUFCに参戦。ロイ・ネルソン、マーク・ハント、アンドレイ・アルロフスキーらUFCヘビー級トップファイターたちから勝利を収めてきた。

 1R、序盤からパンチを放って距離を詰め、積極的に前に出るファブリシオ。対するミオシッチは、ヴェウドゥムの攻撃を冷静にかわしながら、時折パンチとローを放つ。

 ラウンド中盤に差し掛かり、再びファブリシオが左右のストレートを繰り出しながら前に出て来たところ、ミオシッチが後ろに下がりながら右のパンチを放つと、ファブリシオのアゴにクリーンヒット。そのままヴェウドゥムは倒れ込んで動けなくなり試合終了。

 ミオシッチが王者ファブリシオを1RでKOし、王座奪取に成功。一方、敗れたヴファブリシオは、地元ブラジルでまさかの王座陥落となった。

●編集部おススメ記事
ファブリシオ、一本勝ちでヘビー級王座統一
【復活テクニック動画】ファブリシオ・ヴェウドゥム直伝 3つのスーパーテクニック


 

パウンドでTKO勝ちしたサイボーグ(上)


▼女子-63.5kg契約 5分3R
○クリス・サイボーグ(ブラジル/Invicta FCフェザー級王者、元Strikeforce女子フェザー級王者)
TKO 1R 1分21秒 ※パウンド
●レスリー・スミス(アメリカ)

“世界最恐の女子ファイター”と恐れられ、前UFC世界バンタム級王者ロンダ・ラウジーに対戦を迫っているサイボーグが、ついにUFC初参戦を果たした。対するは3月20日の『UFC FIGHT NIGHT』で、中井りんを破ったスミス。

 1R、上体を左右に振りながら前へ出るサイボーグ。ジャブでプレッシャーをかけ、右ボディブローを打ち込んでいく。サイボーグの右ボディブローに左右フックを打ち返したスミスだが、サイボーグの右ミドルで一瞬動きが止まる。

 そこへサイボーグが右フックでダウンを奪うと上からパウンドの連打。レフェリーが試合をストップし、サイボーグがUFCデビュー戦を圧倒的な勝利で飾った。

●編集部おススメ記事
中井りんの国内復帰戦が決定、UFCとの契約は満了
中井りんをスミスが打撃で上回る

 ・次ページは約10カ月ぶりのUFC参戦となった”ショーグン”が登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果