TOP > 試合結果

【ボクシング】亀田和毅が世界前哨戦で完勝

2017/07/10(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

右ストレートと左ボディで攻め続けた亀田


「亀田和毅世界前哨戦」

2017年7月10日(月)東京・後楽園ホール

▼メインイベント 第7試合 56kg契約 3分10R
〇亀田和毅(協栄ジム/元WBO世界バンタム級王者、WBA世界スーパーバンタム級3位)
判定3-0 ※100-90、100-90、99-91
●イバン・モラレス(メキシコ/元WBCインター・スーパーフライ級シルバー王者)

 亀田三兄弟の三男・和毅が「世界前哨戦」と銘打たれた一戦に臨んだ。相手のモラレスは元4階級制覇の長男エリク、元WBO世界スーパーフライ級王者の次男ディエゴのモラレス三兄弟の三男。31勝(19KO)2敗の戦績を持つ。

 長男・興毅を先頭にした亀田トレインで客席後方から登場した亀田和毅。2Rからジャブで圧力をかけ、右ボディブローを中心としたボディ攻めで優勢。4Rと7Rには右腕をクルクルと回すパフォーマンスで場内を沸かせる。

 7Rには左ボディブローで明らかにモラレスの動きが鈍り、亀田が次々と顔面とボディへパンチをヒット。最終10Rには両者打ち合いを見せ、場内が盛り上がる中、試合終了。判定はジャッジ2名が「100」と亀田が相手に1ポイントも与えなかった採点になり、もう1名も99-91の判定3-0で亀田が完勝を収めた。

 亀田は「最後は倒したかったけれど、いい試合が出来たので前回よりは成長出来たかな。チャンスがあれば世界タイトル戦がしたい。決まらなくても俺は練習して強くなるだけです」と、世界挑戦への準備はいつでも出来ていると語った。

●編集部オススメ記事
・亀田和毅がダウン奪い国内復帰戦で勝利飾る
・亀田興毅に勝ったら1000万 全試合結果

●次ページ:各ラウンドの詳細レポート

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果