TOP > 試合結果

【ムエタイ】大崎がKO勝ち、タイでの戦績が6勝5KOに

2017/11/06(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

大崎(右)が見事な初回TKO勝ち

「スックルンピニーウィルチャンピオン」
2017年11月4日(現地時間)タイ・ルンピニースタジアム

▼第4試合 116.2ポンド契約
○カズキ・ファイロンタンプンパンムアン(大崎一貴/OISHI GYM/WMC日本フライ級王者)
TKO 1R ※左ボディフック
●チャンプアックノーイ・ウォーリアームエタイパッタヤ(タイ)

 WMC日本フライ級王者・大崎がムエタイの殿堂ルンピニースタジアムに参戦した。大崎はチャンピオンを多く輩出している名門OISHI GYMの新鋭選手で、切れ味鋭いパンチや空手仕込みのバックキックを得意としている。今年3月にWMC日本フライ級王座を獲得した。

 土曜夜に開催される『スックルンピニーウィルチャンピオン』は、世界各国からの参戦者を募っており同日もフィリピン、フランス、ブラジル、韓国、イランなどからも参戦。

 大崎はタイでこれまでに6戦5勝のうち4TKO勝ちと好成績を残しており、同興行を主催するプンパンムアンプロモーションから出場要請があり参戦の運びとなった。

 対戦相手のチャンプアックノーイの情報は何もなかったが、大崎はこれまでのタイでの試合と同様に初回から距離を詰め、右ローで崩しに入る。

 そして顔面へのパンチから左ボディを放った。これがチャンプアックノーイの脇腹に食い込み、チャンプアックノーイは前のめりに倒れ込む。

 チャンプアックノーイは完全に効いてしまい、レフリーはカウントエイトで試合を止めた。大崎は、またもや左ボディーフックでTKO勝利。大崎が勝利宣言を受ける最中も、チャンプアックノーイはしばらく立ちあがれずうずくまったままだった。

 これで大崎はタイでの戦績を7戦6勝5KO勝利とし、タイ関係者らからの祝福とともに今後に大きな期待を集めた。

 OISHI GYMは今後もルンピニー・プンパンムアンプロモーションとの絆を深めていくという。大崎は「今回の試合は1RKOで勝つことが出来て次につなぐ事が出来ました。このまま1戦1戦しっかり勝ち続けてルンピニーのベルトを取ります。応援よろしくお願いします」と今後の意気込みを語った。

Photo&Text 早田寛 Hiroshi Soda

●編集部オススメ
・WMC日本王者・山田航暉&大崎一貴、タイ・テレビマッチで勝利
・大崎がグックコーンをボディブローでKO

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果