TOP > ニュース

【K-1MAX】魔裟斗、引退発表の記者会見全文「バリバリの打ち合いをして倒しに行く」

2009/04/01(水)UP

 

ーー去年のトーナメントで優勝したことで、ある種、やり切ったという感じがあったんでしょうか?

「やり切ったというか、ひとつの目標は達成できたなというのがありました。だけれど、最後はしっかりとした引退試合をしたかったので」

ーー今年のトーナメントに参加しようという選択肢はなかったんですか?

「僕の中ではないですね」

ーーそれはどういった理由でしょうか?

「本当に、さっきも言ったように3分5Rもしくは7Rでダメージの無い状態で最後は今年のチャンピオンと俺は勝負したいので。だったら、その方がトーナメントの決勝戦より俺はいいなと思ってそうしました。そうしたというより、そうしたいですね」

ーー12月の最後の試合に、この選手に上がってきて欲しいと思っている選手は胸の中にいるんですか?

「全然いないです。誰でもいい。強い、本当にチャンピオンとやりたいだけで。誰というのはないです」

ーーご自分が引退した後のMAXのことは不安になったりしませんか?

「MAXのこともそうですし、来年の僕の人生計画もそうなんですけれど、全く考えてないです。今は本当にこの2試合で最高の試合をすることだけしか考えていないので、これからとか先のことは全く考えてないです」

ーー谷川さんにお聞きしたいんですが、いま魔裟斗選手の方から3分5Rまたは3分7Rでという提案がありましたけれど『Dynamite!!』でそういうルールでやる可能性はあるんでしょうか?

「僕は全然、そういうような状況というか魔裟斗選手の希望通りにしたいと思っていますけれど、相手のあることなのdどうなるか分かりません。10月に今年のチャンピオンが決まりますので、そこからの話になると思います。まあ、そうしようと思っています」

ーー先ほど谷川さんが総合の選手も視野に入れると話をされましたが、DREAMに参戦されている川尻(達也)選手が度々、魔裟斗選手を意識されている発言をされていますけれど、川尻選手についてはどう思っていますでしょうか?

「僕もそれは雑誌を見て知っているので。それが皆さんが見たいカードなら、喜んでやります。それでもう、立ち技ナメんなよっていうのを俺が教えてやろうと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース