TOP > ニュース

【RIZIN】ケイプの挑発に堀口恭司が“お前は口だけ”ゼスチャーで応戦

2017/12/30(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

トークで挑発するケイプ(左)に、堀口は口をパクパクさせる手のゼスチャーで“お前は口だけ”と応戦

 12月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の公開計量が、30日(土)同会場にて15:00より行われた。

 オープニングには、前日に行われた「RIZINバンタム級トーナメント」の2nd ROUNDで勝ち上がった4名が出席(計量は28日に済んでいるのでこの日はなし)。31日のFinal ROUNDを前に元気な姿をファンの前で見せた。

 写真撮影では準決勝で堀口恭司 (アメリカン・トップチーム)と対戦するマネル・ケイプ (アンゴラ)が、堀口に向かって何かまくし立てて挑発。堀口は笑顔で、手で口をパクパクさせるゼスチャーをして“お前は口だけだろ”と言わんばかりだったが、あまりのしつこさに頭にきたのかムッとした表情に。

 もう一方の準決勝、パンクラス・バンタム級王者の石渡伸太郎 (CAVE)とDEEPバンタム級王者・大塚隆史(T-grip Tokyo)は、写真撮影を終えると大塚がすぐに背を向け、石渡の握手がすかされた形に。

 4人を代表してマイクを持った石渡は「ここにいる4人で明日、歴史に残る試合をします。そして決勝は僕が盛り上げたいと思います。明日、会場で応援してください」とあいさつした。

 また、イベントの締めには堀口がマイクを渡され、「マジかよ、突然振られたので全く考えていなかったんですが、明日の試合はここにいるみんなで盛り上げるので今から心の準備をして楽しみにしていてください」と語った。

 1st ROUNDで所英男、2nd ROUNDでガブリエル・オリベイラを全く問題にせずKOした堀口だが、ケイプも1st ROUNDで山本アーセン、2nd ROUNDでは堀口と並ぶ優勝候補だったイアン・マッコールから大番狂わせの勝利を収めている。

 大塚と石渡は2014年のDEEP大みそか大会で対戦しており、この時は石渡がKO勝ちを収めている。3年ぶりの再戦となった。

【大会・チケット情報】 12・31 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント2nd ROUND/Final ROUND-」

●編集部オススメ

・【RIZIN】全試合結果=2017年12月29日

・敗者たちが堀口優勝を予想、マッコールは「ケイプの顔を踏みつけて欲しい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース