TOP > ニュース

【シュートボクシング】NJKF王者・MARIが、MIO戦見据え「MISAKI戦に全力尽くす」

2019/02/05(火)UP

右ストレートに自信を持つMARI

 2月11日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)の2019年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2019 act.1』。

 日本女子ミニマム級(48kg契約)では、NJKFミネルヴァ・ピン級(-45.36kg)王者MARI(23=ナックルズGYM)が、SB日本女子ミニマム級1位MISAKI(22=グラップリングシュートボクサーズ)と3分3R延長無制限で対戦する。

百花(左)との激しい打ち合いを制し王座に就いたMARI

 MARIは右ストレートを得意とし、2018年4月に百花を破り、NJKFミネルヴァ初代ピン級王座を獲得した。SBルールにも経験済みで2013年に開催されたSBの女子高生ファイター限定48kg級トーナメント『JKS48』に出場、2015年に開催された『Girls S-cup 48kg日本トーナメント』の出場メンバーにも抜擢されたことがある。

 MARIは相手のMISAKIとの試合の展開について「ガンガン前に入ってくるタイプの選手なので、そこにカウンターを合わせてやろうかなと。距離を取り合う戦いになりそうです」と接近してフックを連打しまくるMISAKIと、ストレートを狙う自分との間合い勝負になるとした。

現ミニマム級王者・MIO(左)と打ち合うMARI

 MISAKIを倒せばその上に、SB日本女子ミニマム級王者・MIOが控えている。「(MIOのことは)意識してます。MIO選手とは以前に対戦していて(2015年10月3日)負けているので、リベンジしたいと思っています。その時はフィジカルが強くて、パンチがうまかった印象があります。昨年のMIO選手のS-cupでの試合も観たのですが、変わらずテクニックがあると思いました。チャンスがあればぜひMIO選手のSBのベルトも狙っていきたいと思ってます」とMISAKIの先、MIOの持つタイトルへも見据えている。
「まずはMISAKI戦に全力を尽くすので応援よろしくお願いします」とファンへメッセージを送った。

 

【大会・チケット情報】 2・11 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2019 act.1」

●編集部オススメ

・MARIが百花との打ち合い制し新王者に(ページ下段)

・MIOがピンチに陥るも逆転TKO勝ち、MMAデビュー戦を勝利で飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース