TOP > ニュース 一覧

【K-1】快勝の木村ミノル、熱望するのは未だ勝ちの無い”K-1トーナメント”での1勝

2019/07/01(月)UP

会心のKO勝利に上機嫌の木村

 2019年6月30日(日)、東京・両国国技館で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』において、オーストラリアのムエタイ王者クルーズ・ブリッグス(オーストラリア)を1ラウンドでKOした木村”フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)の一夜明け会見が7月1日(月)に行われた。

 リラックスした表情の木村は「僕自身とても気持ちよく両国を楽しめた」と、想定通りの快勝だったことをうかがわせた。豪快な1ラウンドKOとなったフィニッシュブローに触れると「手ごたえはめちゃくちゃあって」と上機嫌。周囲から拳のダメージを心配されてたが、むしろ「相手が心配」と思うほど衝撃のある一撃だったと語った。

木村は「サウスポーで僕の前に立ったのが大誤算」と瞬殺の理由を語った

 試合展開は「相手がムエタイベースの選手なので、パンチ一辺倒だと、いなされてしまう」と分析し、普段よりもキックやフットワークを多用するよう対策し、それがハマったと語る木村。スイッチタイプという前情報を持っていたが、自身が大得意とするサウスポーで立ち会ってきたときに「もらったな」と感じたという。

 そんな木村が次に目指すのはトーナメントだ。「ワンマッチでは結果を出している」という木村の言葉に疑いを持つものはいないが、過去K-1 WORLD GPのトーナメントでは3度参戦しているが、すべて1回戦で姿を消している。それは木村自身もそれは自覚しており、「トーナメントで勝てる姿を見せたい」と、自身4度目となるトーナメント参戦を熱望した。

ウェルター級トーナメントの開催を熱望する木村トーナメントで勝てる姿を見せたい」

 木村が主戦場とするウェルター級はK-1の中でも最激戦区の一つ。K-1王者の久保優太を筆頭に、ジョーダン・ピケオー、野杁正明といったトップファイターが名を連ねるが、その中で木村は階級最強を証明する構えを見せる。「ウェルター級ではきついと思うけど、しっかり準備してやりたいです」と照準を定めた木村は、拳を振るいながらトーナメントの日を待つ。

●編集部オススメ

・木村ミノルがパンチ一閃、豪州ムエタイ王者を97秒で秒殺

・武居由樹、3連続KOを実現した”強い気持ち”とは

・安保瑠輝也、議論を呼ぶ勝利にゲーオと再戦要求「次回の大阪でもいい」

・暴言、乱闘の規制に警戒の会見、城戸康裕「乱闘してないけど多分僕が罰金」

・悪童・芦澤竜誠が引退宣言「また会う日まで、さようなら」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧