TOP > 試合結果個別

【K-1】木村ミノルがパンチ一閃、豪州ムエタイ王者を97秒で秒殺

2019/06/30(日)UP

木村が力強くスピードのある右ストレートを打ち込む

K-1実行委員会
『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』

2019年6月30日(日)東京・両国国技館

▼第13試合 スーパーファイト K-1ウェルター級 3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)
KO 1R 1分37秒 ※右ストレート
●クルーズ・ブリッグス(オーストラリア)

 K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノルがオーストラリアのムエタイ王者クルーズ・ブリッグスを迎える。
 木村は今年5月に挑戦者・近藤魁成(17=大成会館)を2RKOで迎え打ち、初防衛を果たしている。昨日の会見では「私のような世界最強のハードパンチャーは他にいないと、ブリッグス選手に伝えてください。明日はKOで倒すことでウェルター級の世界的位置づけを変えたいと思います」と木村。対するブリッグスは「これまでKOされたことはない。むしろ私が木村をKOする」と返した。

 1R、ブリッグスはゴングが鳴るとハイキック、前蹴りを出して行く。そこに木村は右ボディストレート。木村の力強くスピードのあるパンチにブリッグスのモーションの大きな蹴りは遅く見える。蹴りを空振りし、ゆっくり一回転するブリックスに隙は多い。
 そのブリッグスに木村はボディ、顔への右ストレートと打ち分けて次々と出すと、ブリッグスもパンチの連打をワンツー、ボディと出し、木村を攻める。前に出るブリッグスに木村は右ストレートを合わせるとブリッグスのおでこ部分にクリーンヒット。マットにバッタリ大の字に倒れ、木村の97秒のKO勝利となった。

 勝った木村は「HEY!HEY!HEY! 盛り上がってますか? 木村ミノルがいないと始まらないですね」と昨日の会見で「K-1選手はみんなで会場を盛り上げると言っているが、今回も僕が盛り上げることになるでしょう」と語っていた通り、秒殺勝利で大きく盛り上げた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・木村ミノル「必ずKOする」ブリッグス「KOされたこと無い」

・木村ミノル”ビッグマウス”封印しリングで届ける、WWEを超えるものを

・大岩龍矢が2度のダウンを奪い悪童・芦澤竜誠との再戦を制す(動画あり)

・武居由樹がリーバスをボディで1Rで沈める(動画あり)

・小澤海斗がムエタイ王者・鷹大を圧倒、ダウン寸前に追い込む(動画あり)【K-1】小澤海斗がムエタイ王者・鷹大を圧倒、ダウン寸前に追い込む(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別