TOP > ニュース

【K-1】安保瑠輝也、議論を呼ぶ勝利にゲーオと再戦要求「次回の大阪でもいい」

2019/07/01(月)UP

ゲーオを破りスーパーライト級王者となった安保瑠輝也

 2019年6月30日(日)、東京・両国国技館で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~』において、K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチに勝利した安保瑠輝也(team ALL-WIN)の一夜明け会見が7月1日(月)に行われた。

 延長の末、判定勝利をもぎ取る大激戦となったゲーオ・ウィラサクレック(タイ/初代・第3代K-1 WORLD GPスーパー・ライト級王者)との戦いを振り返り、「応援の力のおかげで勝てた試合」と、観客からの声援に押されて戦えていたことを明かした。

議論を呼ぶ勝利に安保は完全決着を望む

 念願のベルトを得たことについても「勝ちは勝ちで、ベルトがあるのはうれしい」と素直な心境を語る。しかし「胸を張りたいですけど、試合内容は自分の中でも納得いっていない部分がある」と、完全勝利には程遠い内容だったことを踏まえ、「リング上でもいいましたが再戦したいなという気持ちがあります」と、早期の再戦を希望した。

 試合内容について、SNSや掲示板では多くの意見が生まれた。本戦でゲーオが勝利していたという声もあり、安保本人も「いろいろな意見がある」と、そういった声を把握していることを明かす。議論を呼ぶ判定決着となったことを反省し、「K-1はKOで倒してなんぼだと思うので、それを見せたい」と完全決着を要望。「次回の大阪大会でもOKです」とすでに臨戦態勢にあることをアピールした。

「王者の中にもレベルがある」と語る安保は高みを目指す

 9つの階級に存在するK-1王者に名を連ねたことについて、安保は「チャンピオンの中にもレベルがある」という考えを語った。同じ大会に出場した武居由樹(22=POWER OF DREAM)を指し、「すごいなと思った」と、高いレベルにいると評価。安保自身も同じようなレベルで肩を並べられるように「ベルトと一緒に自分とK-1の価値を高めていき、本当のチャンピオンになれるような人間になっていきたい」と、王者としての格を上げるための戦いに身を置くことを宣言してみせた。

●編集部オススメ

・安保瑠輝也がゲーオに延長判定で勝利し新王者に! 安保は完全決着にゲーオとの再戦要求(動画あり)

・武居由樹が衝撃の3連続KO勝利でスーパー・バンタム級トーナメント優勝(動画あり)

・木村ミノルがパンチ一閃、豪州ムエタイ王者を97秒で秒殺

・佐々木大蔵、最強の外敵・不可思を出血によるTKOで退ける

・ラウンドガール「K-1 GIRLS」が名称変更し新メンバー決定、6.30両国大会に初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース