TOP > ニュース 一覧

【K-1】城戸康裕が自身プレゼンツの協賛を提案も、中村P「面白くないです」=第3代Sウェルター級T

2020/01/26(日)UP

対戦する大ベテラン・城戸(左)とペイルス(右)

 3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される“K-1年間最大のビッグマッチ”『K’FESTA.3』の第2弾カード発表記者会見が、1月26日(日)都内にて行われた。

 今大会の目玉カードとして『第3代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王座決定トーナメント』の開催が決定。城戸康裕、和島大海、神保克哉、海斗、木村“フィリップ”ミノルがトーナメントに参戦決定した。

 1回戦・第3試合では、城戸康裕(37=谷山ジム)がミラン・ペイルス(27=スロバキア/Diamond gym Zilina)と対戦する。

 城戸は73戦49勝23敗1分けの戦績を持つ37歳の大ベテラン。1年4ヶ月間、ウェルター級(-67.5kg)で試合を行ってきたが昨年8月大会でスーパーウェルター(-70kg)に階級を戻してKO勝利。昨年11月の新生K-1初の横浜大会では、今大会の同トーナメントに出場する、神保克哉に技ありのバックハンドブローでダウンを奪い、パンチの連打でKO勝利し健在ぶりを見せつけた。

中村P(左)に自身の協賛を提案する城戸(右)

 対するペイルスは東欧のイベント『W5』で実力を示して、現在はオランダを中心に活動する『Enfusion』を主戦場に戦う27歳。パンチが主体のゴツゴツしたファイトスタイルが特徴的なファイターだという。

 中村プロデューサーからの「城戸選手はベテランという面でも、何度もこれからトーナメントに出場するのは難しいかもしれない」と説明があったことに「やめてよ」と笑う城戸は「僕は10回やろうと思っています」とまだまだ戦っていくとコメント。

 城戸はこのトーナメントにどのような思いを持って参戦するのか。「前回(2017年6月のトーナメント)いい感じで決勝いって、アラゾフ(前スーパーウェルター級王者)にやられた。彼は殿堂入りされたので、狙いたいです。ここは取りたいです」とベルト獲得に向けて燃えている。

昨年の11月は神保(右)にKO勝利した城戸(左)

 対戦相手の印象を聞かれると、「(対戦相手がスロバキア出身で)スロバキア行った時に嫌な思いしたんですよ。コンビニでレシートを投げられた。その思いを彼にぶつけたいと思います」と笑いを誘う。

 さらに城戸は「トーナメント冠協賛のご案内もらったんですよ。城戸康裕プレゼンツどうですかね」と中村プロデューサーに呼び掛けると、「あんまり面白くない」と言われ、「やめます」と城戸劇場を展開する。

 トーナメント全体については「木村は決勝まで当たらないのでどうですかね。和島くんの相手強いじゃないですか。ニコラス強いんですよ。ご愁傷様です(笑)。一回戦大事だけど、決勝に上がる前の準決勝がきついのかなと。ミノル君が決勝に上がってきても自分が決勝にいるのかなと」と笑いを交えながらコメントした。いつもおふざけモードの城戸だが、このトーナメントに懸ける思いは人一倍。どんなファイトを見せてくれるか注目だ。

▶次のページは和島大海&対戦相手のコメント、本トーナメントのその他カードの紹介

●編集部オススメ

・[第3代Sウェルター級T]木村ミノルと海斗が睨み合い「気合十分、モチベーションMAX」(木村)

・36歳の城戸康裕が23歳の神保克哉をKO、世代交代を阻止(動画あり)

・和島大海が藤村大輔に判定勝利

・3.22 小澤海斗、世界2位の18歳ジャオスアヤイと対戦、印象は「ムエタイナンバーワン!」

・元K-1ガールズの松嶋えいみ、キックでボディメイクし新作DVD

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧