TOP > 試合結果個別

【K-1】36歳の城戸康裕が23歳の神保克哉をKO、世代交代を阻止(動画あり)

2019/11/24(日)UP

ローキックで攻めていく城戸

K-1実行委員会
『“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」』

2019年11月24日(日)横浜アリーナ

▼第9試合 スーパーファイト K-1スーパー・ウェルター級 3分3R・延長1R
○城戸康裕(日本/谷山ジム)
KO 2R 2分29秒 ※パンチ連打
●神保克哉(日本/K-1ジム目黒TEAM TIGER)

 72戦48勝23敗1分けの戦績を持つ36歳のベテラン・城戸は1年4ヶ月間、ウェルター級(-67.5kg)で試合を行ってきたが前戦となった今年8月大会でスーパーウェルター(-70kg)に階級を戻してKO勝利。スーパー・ウェルター級では8年間日本人に負けなしの実績を持つ。

 その城戸に挑むのは(学年でいうと)14歳下の23歳・神保。6月にはジョーダン・ピケオーを相手に善戦するも判定負け。特攻服をトレードマークにして「オヤジ狩りが楽しみです」と語る神保が復活勝利と世代交代を狙う。

 1R、小刻みに距離を測る両者、そこから城戸の強烈なロー、さらに続けてローが入る。神保はインローを蹴って城戸の入り際にワンツーを振るって行く。城戸はヒザへの間接蹴り、さらに強いインローを当てる。1Rは両者やや慎重な印象。

 2R、城戸は自分の距離を保ちながら強いローを当て、神保を間合いに入らせない。さらにフックを当てて神保をぐらつかせる。だが神保もインローからワンツーで飛び込んで城戸の顔を跳ね上げる。そして今度は城戸が飛びこむと、離れ際にバックハンドブローが当たりこれで神保がダウン。立ち上がるもかなり効いている。城戸はパンチの連打をまとめ、最後は左ストレートを当てると神保は腰から崩れ落ちレフェリーがストップ。城戸が貫録を見せてKO勝利を手にした。

▼この試合の動画

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・ベテラン城戸康裕が特攻・神保戦に向け「70kg級では日本人に8年間無敗」と自信

・神保克哉、城戸を撃破しスターになる宣言「歴史を変える時が来た」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別