TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】引退も考えた橋本悟、無法島GPで見せたいのは「俺はまだ終わってねえぞ!」

2020/01/30(木)UP

ヒジカットで1RTKO勝利する橋本(右)

 2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『テレ・マーカー Presents KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.1』。本大会のワンデートーナメント「無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX」に出場するMuayThaiOpenスーパーライト級王者・橋本悟(33=橋本道場)のインタビューが主催者を通じ届いた。

 橋本はトーナメント1回戦でMA日本スーパーライト級王者・バズーカ巧樹(23-菅原道場)と対決する。

 橋本はデビューから10年間、40戦近くをこなしてきたベテラン。”名勝負製造機”としても知られ、その激闘ぶりで見る者を湧かせてきた。
 2019年には2月に北川“ハチマキ”和裕、7月に潘隆成と王者・元王者クラスをKOで沈めてきたが、10月のKNOCK OUTでパンクラス・ネオブラッド・トーナメント2018フライ級制覇者・鈴木千裕に1R45秒でKO敗けを喫してしまった。
 なお、その鈴木も本トーナメントに出場し、1回戦で橋本の同門・与座優貴と対戦する。

自慢の右フックで1RKO勝利する橋本

 橋本が『無法島GP』のオファーを受けたのは「千裕君も出てくるし、リベンジを兼ねて、復帰の舞台にふさわしいなと思って」と汚名返上を狙うためだ。

「最近は結構、引退のことも考えるんです」と言う橋本は「あのまま辞めて引退したら情けないじゃないですか。僕は5連敗した経験があって、その時も苦しかったですよ。だけど『これで辞めたら、ただの負け犬だな』と思って」と、このままでは終わらない。

 1回戦の相手のバズーカについて橋本は「噛み合うと思うんですよ。バズーカ選手も『超絶テクニシャン』というタイプではないし、打ち合って、僕が倒しますよ」とKO勝利で勝ち上がる。

1回戦相手・バズーカ(左)に会見で突き飛ばされるも笑顔の橋本

 さらに「勝ち進めば1日3試合ですけど、負けたら終わりなんで。『先のこと』なんて考えてたらやられちゃうと思うんで。常に『この試合で終わりだ』と思いながらやります」と、一戦一戦、信条である”倒すか倒されるか”で戦いに挑む。

 橋本がこの無法島GPで一番見せたいのは「『俺はまだ終わってねえぞ!』っていうところ」だと言う。橋本は強者揃いのワンデートーナメントで、再起をアピールすることが出来るか。

●編集部オススメ

・バズーカ巧樹が橋本悟を突き飛ばす=無法島GP8選手が公開ミット打ち

・ぱんちゃん璃奈が『週プレ』でグラビアに挑戦「大人セクシー見てくださいませ」

・与座優貴、空手時代のライバル那須川天心・横浜流星の活躍に奮起「無敗でGP獲る」

・鈴木千裕が橋本悟を衝撃45秒KO、ぱんちゃんは距離を支配しJ-GIRLS王者を完封

・那須川天心が横浜流星と7年ぶり再会、流星のミットを持ち驚き

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧