TOP > ニュース 一覧

RIZINライト級王者・ムサエフ、母国アゼルバイジャンの紛争へ徴兵か

2020/09/29(火)UP

ムサエフがRIZINライト級王座を獲った昨年大晦日のトーナメントは、アゼルバイジャン全土に中継されていた

 9月29日(火・現地時間)、RIZINライト級王者トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン)のコーチであるルスラン・エフェンディエフは、自身のSNSで「ムサエフがアゼルバイジャン国軍に招集された」と報告した。また、ロシアメディア「SPORTS.ru」でも本日29日夕方(日本時間)にムサエフがアゼルバイジャン軍に加わったと報じている。

 現在ムサエフの故国であるアゼルバイジャンは、長年の領土問題をめぐり隣国であるアルメニアと軍事衝突しており、1994年には停戦に合意したものの紛争が続いている。9月27日に再燃した大規模な戦闘では29日までに民間人を含む90人以上が死亡していると報道されている。

ムサエフのコーチが投稿した、真っ直ぐな眼のムサエフとの2ショット(ruslanefendiyevより)

 コーチのルスランはSNSで、ムサエフと肩を組んだツーショット写真を投稿し「本日、トフィック・ムサエフは私達の祖国を守るために、武装した軍隊から招集を受けた」と記した。

 またチーム・メイトで今年2月のRIZINに初参戦したヴガール・ケラモフについては今のところ、言及されていない。

 SNSでは日本のファンも「ムサエフ、無事に帰ってきてくれ」「本当にムサエフが心配」とアゼルバイジャンのRIZIN王者の身を案じる声が多く上がっている。

 ムサエフはRIZINでの試合勝利後には、常にアゼルバイジャンの旗を背負い、国名を絶叫するほどの愛国者。またムサエフはRIZINの王座を獲得し、アゼルバイジャンでは国民的英雄と言ってよい存在となった。

 アゼルバイジャンは徴兵制度のある国で、徴兵されれば、18ヶ月間(高等教育者は12ヶ月間)軍に所属し、除隊後に3ヶ月間の補足訓練を受けることになる。徴兵制通りの招集ならば、1年は試合に出ることは不可能になるだろう。RIZIN王者をも巻き込む紛争はいつ落ち着くのか。続報を待ちたい。

●編集部オススメ

・【RIZIN】大接戦の末、ムサエフが“ピットブル”・フレイレを下しライト級T制覇

・ムサエフ未払い報道に本人が言及、高田延彦「偽ニュースあるんだな」

・【RIZIN】ムサエフ、ケースを初回KOでライト級GP決勝へ

・【RIZIN】皇治、那須川の攻撃が速すぎた「何のこっちゃわからんかった」

・那須川天心、次の目標はボクシング世界王者、狙える階級には井上尚弥から悪童ネリ、ロマチェンコまで強豪多数

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧