TOP > 試合結果個別

【RIZIN】ムサエフ、ケースを初回KOでライト級GP決勝へ

2019/12/31(火)UP

ムサエフ(左)がケース(右)に1RKO勝ちで決勝進出

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN.20』
2019年12月31日(火)さいたまスーパーアリーナ

▼第1試合 RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント準決勝 RIZIN MMAトーナメントルール 5分3R(71.0kg)
〇トフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/オリオン・ファイト・クラブ)
KO 1R 2分47秒 ※左フック→鉄槌
●ジョニー・ケース(アメリカ/MMAラボ)

 ライト級トーナメント準決勝にして事実上の決勝とも言われる一戦は、UFCで4連勝を飾り、RIZINでも矢地祐介、北岡悟、ホベルト・サトシ・ソウザと連破してきたケースと、散打世界王者でいまだ底を見せないムサエフの顔合わせ。

 1R、両者オーソドックスでケースがローを放っていくが、ムサエフは当てさせない。そして早い段階で見切ったか、ケースのローにストレートをカウンターしていく。さらにムサエフはケースのパンチも早期に見切ったか、打ち合いの中でケースの左フックをかわしつつ右フック。これが効きケースは後方にヨロめく。すぐに前蹴りから組まんとしたケースだがムサエフは突き放し、左フックでダウンさせると鉄槌を連打。頭を抱え防戦一方となったケースを見てレフェリーがストップした。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・[前回の試合]優勝候補のムサエフ、危険な蹴りで完勝しライト級GP準決勝一番乗り

・[前回の試合]ジョニー・ケースがサトシ・ソウザを1R一撃でKO

・朝倉海とケイプが火花バチバチ「自分が真の世界チャンピオン」(ケイプ)

・RENA、ビキニで腹筋アピールのリンジー相手にリベンジへ自信=前日計量

・ヒョードルの日本最終戦はジャクソンにKO勝利で有終の美

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別