TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】海人が計量パス、三度の70kg挑戦に「全部突き破って勝つ」対する喜多村はパワー勝負宣言

2020/11/27(金)UP

70kg超級3連戦目の海人が計量パス

 11月28日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2020 act.2』の前日計量が27日都内にて行われた。

 第7試合 70.0kg契約エキスパートクラス特別ルール3分3R延長無制限R※ヒジありに出場するS-cup2018-65kg級世界王者・海人(TEAM F.O.D)と、元新日本キックボクシング協会ミドル級(-72.57kg)王者・喜多村誠(ホライズン・キックボクシングジム)が計量に臨み、海人が69.7kg、喜多村が69.45kgで共に計量をパスした。

70kg級のベテラン・喜多村も計量パス

 海人は今年8月のルクク・ダリ戦(72.4kg契約)、10月の緑川創戦(70.0kg契約)と、直近2戦連続で70kg超の契約体重で戦っている。今回も70kg級での契約となったが、海人は「70kgでやっていこうと決めた。しっかり作り上げて対策をしているので、70kgで世界の強豪と渡り歩いていけると思う」と、人類最激戦区と呼ばれる70kgへの挑戦姿勢を強めた。

 計量で喜多村と対面した感想を「身体(の大きさ)は思っていたとおり」と、階級の違いによる圧力はないとした海人。事前インタビューから喜多村が主張するパワー差に触れると「パワーうんぬん言っていますが、パワーもスピードも全部上回っている。全部突き破って勝ちたい」と全局面での圧倒を宣言した。

「70kg級の壁を見せる」喜多村に「全部突き破る」と宣言した海人

 対する喜多村は今回シュートボクシング初参戦。中止となった9月大会からのスライド実施に触れると「11月大会で組んでもらえてうれしい。しっかり空気読まずに、海人選手を倒して新潟に帰りたい」と、勝利を故郷への手土産にすると語った。

 海人が続ける70kg挑戦へのひとつともいえるこの一戦。喜多村は「正直適性階級では敵なしだと思うが、まだ70kgの身体ではない。スピードテクニックは間違いなく自分より上だが、しっかりと70kgの壁を見せつけたい」と、長くこの階級を主戦場としてきた先駆者としての自負を主張。「気持ちでは絶対負けないので、気持ちとパワーで勝ちたいと思います」と、スピード・テクニックの海人へパワー勝負を挑む構えを見せた。

<計量結果>
▼第7試合 70.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者) →69.7kg
vs
喜多村 誠(ホライズン・キックボクシングジム/第4代新日本キックボクシング協会ミドル級王者) →69.45kg

●編集部オススメ

・海人「ヒジで久々に斬りたい」喜多村誠「70kgの試合は早いとKOで教える」=11.28

・フルボッコ美女・未奈が念願の王座戦、ホーストカップ王者・溝口孝湖と激突

・シーザー武志の長男・次男が揃って参戦、長男・聖明はRIZINにも参戦した激闘派・般若と対決

・王者・笠原弘希と対戦の“MMA&キック二刀流”ハルク大城「まずはチャンピオンを狩ります」=11.28

・天心に挑んだ笠原友希が、18歳・手塚翔太と王座決定戦「KOで倒してベルト取る」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧