TOP > ニュース 一覧

【ベラトール】ジョシュ・バーネットがヒョードル引退試合に名乗り

2021/01/03(日)UP

元UFCヘビー級王者でPRIDE無差別級GP準優勝者のジョシュ・バーネット

 元UFCヘビー級王者でPRIDE 無差別級GP準優勝者のジョシュ・バーネット(43=米国)が、総合格闘技界のレジェンド、エメリヤーエンコ・ヒョードル(44=ロシア)の引退試合の対戦相手に名乗りを上げた。

 ベラトールのスコット・コーカー社長は昨年12月26日のMMAメディア『MMA JUNKIE』の取材で「ヒョードルの引退試合はモスクワで3万人の観衆の前で行いたい」と語っており、それを受けて同メディアが1月2日に“引退試合の対戦相手には誰がふさわしい?”との企画記事を掲載。
 すると、驚いたことに、バーネット自身がその記事をリツイートし「ここに唯一無二の選択肢があるさ」と名乗り。
 この投稿に、バーネットと親交ある北京柔道五輪金メダリストの石井慧が「OSS sensei(押忍、先生)」と支持するなど盛り上がっている。

2006年の大晦日大会、豪腕マーク・ハント(左)と打ち合うヒョードル(右)

 バーネットはPRIDE参戦時代からヒョードルとの対戦を熱望されたが実現せず。その後、2009年に米国MMA団体Afflictionで、ヒョードルと対戦が組まれたが、試合前のドーピング検査でバーネットのステロイドの陽性反応が検出され、試合と大会が共に中止となっていた。

 コーカー社長の独占取材を度々行う『MMA JUNKIE』の企画記事から起こった一連の流れだけに、バーネットの立候補がコーカー社長の目に留まることは間違い無いだろう。皇帝はレジェンド対決でその格闘技人生の幕を閉じるのか、注目される。

▼(動画)バーネットが20年10月ポーランドで行われた素手ボクシング”大会で激闘!

●編集部オススメ

・【ベラトール】皇帝ヒョードル引退試合は初のロシア開催となるか、“新型コロナのワクチンに期待”(コーカー社長)

・【ベラトール】皇帝ヒョードルの次戦は「何があっても2021年に実現させる」(コーカー代表)

・ベイダーがヒョードルを35秒一撃KOして優勝(動画あり)

・衝撃ダウン連発!ロシア・ダゲスタン共和国の“戦闘民族”が強すぎる!(動画あり)

・KINGレイナがOLに「デスクワークで困惑しながら人生初社会人してます」復帰も示唆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧