TOP > ニュース 一覧

【RISE】計量パスの内田雄大と森孝太郎がヘビー級ベルト奪取に意欲、“人獣”中村寛は体調不良で失格

2021/03/27(土)UP

ヘビー級で対戦する内田雄大(右)と森孝太郎(左)

 3月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 147』の前日計量が27日(土)都内にて行われた。

 第5試合のヘビー級で対戦するホーストカップ日本ヘビー級王者・内田雄大(30=Team Aerts)は99.25kg、J-NETWORKライトヘビー級暫定王者・森孝太郎(33=NEXT STEP GYM)は96.45kgで計量をパス。

 内田は2015年8月の和道会空手道ワールドカップ84kg超級を制し、同年RIZINにプロ初参戦も敗北。その後ピーター・アーツに弟子入りし、オランダで勝利を重ね、日本に凱旋。2019年12月にACCELヘビー級王者・岡崎章太を2R TKOで下し、初代HOOST CUP日本ヘビー級王座を戴冠した。

 今回RISE初参戦となる内田は「コロナのせいで長い間、オランダに帰れていないのですが日本で良い練習ができています。RISEでヘビー級の試合が復活するというので、ヘビー級の迫力ある試合を見せて楽しんでもらいたい。RISEでヘビー級をしっかり盛り上げていきたい」と意気込みを語る。

 対する森は「長崎県佐世保市から来ました。ほとんどの方が僕のことを知らないと思うので皆さんの記憶に残る試合をしたい」と好勝負を予告する。

 会見前には伊藤隆代表から現在空位のRISEヘビー級王座に関して「年内には決めたい」というコメントがあったことを受け、内田は「まずは1つ1つをしっかり勝っていくこと。そして当たり前のようにベルトを獲って、同じジムのバダ・フェルダオスが元チャンピオンだった清水賢吾選手に挑戦して負けているので、自分がベルトを獲って見せびらかせたい」とコメント。対する森は「RISEのタイトルを獲るためにトレーニングを重ねてきました。タイトルを獲るためにも明日はいい試合で終えたい」とした。

計量をクリアーしたSEIDOだったが……

 また、第6試合のスーパーフェザー級(-60kg)に出場するSEIDO(36=Team ORCA)は60.0kgで計量をパスしたが、対戦相手の中村寛(24=BKGYM)は計量前に脱水症状を起こし体調不良で会見は欠席となった。

 会見に出席したSEIDOは「対戦相手からさんざん『おっさん』『鼻曲がり』『きしょい』とか言われてきたので、明日はぶっ倒してやろうと完璧なコンディションを作り上げてきました。相手はトップの選手だと思っていて、3カ月間全てを懸けてやってきたので明日が楽しみでしょうがない。コンディション不良で相手はいませんが、計量をしっかりクリアーしてリングに立つのがプロなので、それをしっかり守ってもらいたい」と静かに怒りのコメントを残した。

 会見終了後、主催者より、中村は入院し体調回復に努めているが試合を出来る状態ではなく、また公式計量を通過していないため失格、計量をパスしたSEIDOの不戦勝となることが発表された。

 なお、会見では伊藤隆代表が追加大会として5月15日(土)大田区総合体育館で開催の『RISEonABEMA』、7月18日(日)エディオンアリーナ大阪・第一競技場で開催の『RISE WORLD SERIES 2021』を発表。7月大会で8人制の53kgトーナメント一回戦を実施(9月か10月に準決勝・決勝戦を行う)。7月17日(土)後楽園ホールで開催される『RISE151』は7月28日(水)に変更となった。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【テレビ・配信】『RISE 147』生中継、配信情報=3.28後楽園

・[前日計量]宮﨑若菜の挑発を受けてAKARI「負けたままで終わってもらう」

・【RISE】女王・紅絹が王座防衛宣言「ベルトを失うとただの牛の格好をしたおばさん」18歳挑戦者・宮﨑は「ベルトは私の方が似合ってる」

・アーツ弟子、ホーストカップ王者の内田雄大が元ラガーマン森とヘビー級対戦「新たな自分見せる」(内田)

・【ホーストカップ】”アーツ弟子”内田雄大がアクセル王者・岡崎にローキックでTKO勝ち(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧