TOP > ニュース 一覧

【RISE】女王・紅絹が王座防衛宣言「ベルトを失うとただの牛の格好をしたおばさん」18歳挑戦者・宮﨑は「ベルトは私の方が似合ってる」

2021/03/27(土)UP

RISE QUEENアトム級タイトルマッチで対戦する王者・紅絹(右)と挑戦者・宮﨑小雪(左)

 3月28日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 147』の前日計量が27日(土)午後2時から都内にて行われた。

 メインイベントのRISE QUEENアトム級(-46kg)タイトルマッチで対戦する王者・紅絹(37=NEXT LEVEL渋谷)は45.95kg、挑戦者・宮﨑小雪(18=TRY HARD GYM)は45.85kgで計量をパスし、あとは試合のゴングを待つのみとなった。

 計量後には前日会見が行われ、タイトル初挑戦となる宮﨑は「凄く体調がいいので明日が凄く楽しみです。リング上で実際に戦うのは私だけですが、明日を迎えるにあたって凄くたくさんの人に支えてもらったし、助けてもらったのでお世話になった人たちに、私がベルトを巻いて恩返しするという夢を叶えます」とベルト奪取を強く宣言する。

笑顔で計量をパスした紅絹

 2度目の防衛戦となる紅絹は「また強い挑戦者がいらっしゃいましたが、私は5R粘って全力を出して戦うしかありません。女子選手がメイン、セミということで男子選手のガッカリした空気を感じたので、試合内容で魅せて“こいつがメインだったな”と思わせる試合をしたいと思います」と激闘を予告した。

 この日の会見では紅絹が赤色、宮﨑が白色と対照的な髪色をしており、宮﨑は「高校卒業して人生で初めて染めました。相手は赤色の髪と赤色のベルトで似合っていると思いますが、私の方が(ベルトを巻いた方が)似合っていると思います。ベルトは凄くカッコいい。凄く欲しいのですが、しょっぱい試合をして獲っても面白くないので面白い試合をして私が絶対に獲ります」とニヤリ。

 これまで6戦4勝1敗1分の戦績がある宮﨑は、今回初の3分5R無制限延長Rのラウンド数に。その自信を聞かれると「最初から自分らしく戦うつもりでいますし、5Rまでいく体力をしっかり作り上げてきたので何の問題もないと思います。そもそも5Rも行くつもりはありません」と5Rかからずに紅絹を仕留めると挑発。

 それを受けて、宮﨑の先輩である平岡琴にタイトル初防衛戦(2020年2月11日)で勝利している紅絹は「逆に早く終わらせるということは5R戦える自信がないんじゃないかな?5Rね。先輩がよく知っていると思うけど、きついよ。ホントきつい。3分5Rは口の中は血の味がするし、本当にきついから覚悟した方がいいよ。本当にきついよ。私は本当は5Rもやりたくはない」と5R戦う過酷さを訴えて宮﨑の精神を揺さぶる作戦に。「KOはできないと思うけど、3分5Rでも飽きない試合をする意識しています」とフルラウンド戦った上で好試合をしたいと予告した。

 最後にタイトルマッチ後の目標を聞かれると、宮﨑は「タイトルを獲ってからでないと何も何も言う権利はないと思うのですが、獲ったらRISE、女子の格闘技を盛り上げないといけないと思いますし、ベルトを巻くからにはベルトの価値も上げないといけない責任があると思います」とコメント。

 紅絹は「ベルトを防衛しないとただの牛の格好をしたおばさんになってしまいます(苦笑)。ベルト防衛後のことは考えていませんが、後輩2人(小林愛三、壽美)がタイトルマッチを控えていて私が手ぶらになるのはダサいので、後輩たちにいい格好をするためにも負けられない。日本人女子選手は46kgが一番層の厚い階級なので、全員チャンピオンを一人一人倒していきたい」とした。

☆この大会の対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】宮﨑若菜の挑発を受けてAKARI「負けたままで終わってもらう」=前日計量

・【テレビ・配信】『RISE 147』生中継、配信情報=3.28後楽園

・【RISE】宮﨑小雪が有言実行の優勝、女王・紅絹との決戦へ

・MIOが計量パス「今度こそ強い姿を、KO狙う」対する元ボクシング世界王者・山田真子もパス

・ぱんちゃん璃奈、試合1ヶ月前のマッチョボディも「相手決まってない、美白サプリ飲む、期待して」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧