TOP > ニュース 一覧

元西武・相内誠が朝倉未来1分大会に参戦、竹原慎二直伝のガチンコファイトで格闘技初勝利なるか

2021/11/26(金)UP

相内誠の格闘技2戦目は何と朝倉未来の1分大会、セミファイナルに登場する(C)RISE

 11月27日(土)に行われる朝倉未来の1分間大会『BreakingDown 第3回大会』に元プロ野球 埼玉西武ライオンズの投手、相内誠(27)が参戦することがわかった。昨日25日に全試合順が発表され、相内は第19試合のセミファイナル[フェザー級 ワンマッチ 66kg以下(立ち技)]に登場する。デビュー戦はキックボクシングだったが、今回は金網で1分だったら誰が最強かを決める超短期決戦だ。

【フォト】竹原慎二との練習シーンと、前戦で健闘もダウンを喫した瞬間

 相内は2012年にドラフト2位で入団し、身長185cmから放たれる速球と多彩な変化球を武器に活躍した。昨年11月に西武から戦力外通告を受け、高校時代より行っていたキックボクシングの道へ。今年2月28日にキックボクシングイベント『RISE』にてプロデビューもモンゴルの強豪・拳信王に1ラウンド2分5秒でTKO負けというプロの洗礼を受けた。
 リーチある前蹴りやピッチングで鳴らした豪腕の右でパンチをヒットさせていただけに、次戦が期待されていたが、9ヶ月後に選んだ試合はリングから金網に変えてのこの1分間マッチだった。

相内の今回の対戦カードビジュアル(C)BreakingDown

 今年10月に元プロボクシング世界王者の竹原慎二との練習を報じられた相内、自身のインスタでも竹原に学んだことを報告している。
 今回の対戦相手はキック歴3年でアマチュアRISE大会にも何度か参戦し勝利も収めている柴田海都(SEED GYM)。相内のこの試合への意気込みは発表されていないが、竹原から学んだパンチでこの短期ガチンコファイトを制することはできるか。

 また同大会では「ミドル級 1Dayトーナメント」として、ミドル級(84kg以下)で賞金30万円をかけた1Dayトーナメントも開催され、決勝戦がメインイベントとなる。

▶︎次のページは【フォト】竹原慎二との練習シーンと、前戦で健闘もダウンを喫した瞬間

●編集部オススメ

・『テレビ・配信』11.27 朝倉未来の1分間大会「BreakingDown」相内誠の2戦目、ミドル級トーナメント、喧嘩自慢 地域対抗マッチも=生中継・放送・配信情報

・朝倉未来の1分間大会 11.27 『BreakingDown』試合結果 速報(相内誠2戦目、ミドル級1Dayトーナメント)

・【RISE】元西武の相内誠がデビュー戦で“125秒”KO負け、モンゴル豪腕の強打にプロの洗礼

・喧嘩マッチで朝倉未来はヒザ半月板損傷、”会津の喧嘩屋”は鼻骨骨折、”ゴマキ弟”後藤祐樹は歯が折れたか

・朝倉未来がオーディションで“ガチ喧嘩モード”!相手の髪を掴んで馬乗り状態で圧倒「そんなんで応募してくんなよって話」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧