TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】“死闘を制した”堀江圭功、1Rで右拳負傷も「MMAとして勝てた」対戦相手の中田を「死んでもいいという覚悟を持っていた」と称賛=試合後インタビュー

2021/11/28(日)UP

右拳負傷と満身創痍の中で死闘を制した堀江

 11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールで開催された『RIZIN TRIGGER 1st』(ライジン トリガー)第13試合 68.0kg契約 5分3Rで対戦した堀江圭功(ALLIANCE)と中田大貴(和術慧舟會HEARTS)が試合後インタビューに応じた。

 試合は1R、堀江は速いテンポから右ストレートや飛びヒザで攻めると、中田は右ハイを返す。2R、プレッシャーをかける中田に対して、堀江は冷静に見ながらジャブ、ボディ、右ストレートをヒット。堀江はシングルレッグでテイクダウンに成功。3R、堀江はパンチに来た中田をタックルでテイクダウン。中田がスタンドに戻すが堀江にタックルを決められマウントを取られてしまう。終盤まで打撃とスタンドで差を見せた堀江が勝利し、死闘を制した。

鬼気迫る表情で右拳を強打する堀江©️RIZIN

 堀江は「KOしたかった」と倒しきれなかったことに悔しさを滲ませたが、「相手の気持ちが強くてタフでした。1Rの序盤で右の拳が折れてしまって、それでKO出来なかったところはありました。それ以外のところでは、MMAとして勝てたので良かったです」と総合力で勝てたことに手応えはあったようだ。

 1Rで右の拳が使えない中、左のジャブやボディブロー、タックルなどを織り交ぜながら丁寧に試合を進めて勝利を掴み取ることができた。

 強烈なパンチを的確にヒットさせた堀江だが、中田も粘りを見せて血を流しながら、打撃を打ち返した。中田に関しては「試合前と印象は同じでしたが、思った以上にタフでした。笑顔で血を流しながら前に出てきて気持ちが強かった。死んでもいいという覚悟を持っているファイターでした」と想像よりも相手が頑丈だったことを明かした。

敗戦を語る中田。悔しさの余り号泣する場面も

 1Rの打撃の攻防で、痛めた右拳は今年9月の佐々木憂流迦戦からのダメージによるもの。ドクターからは骨折の可能性があると伝えられおり「まずは拳をしっかり治して、次に向けて頑張りたい」と治療を第一優先に今後の戦いに向かう。

 一方、敗戦した中田は「本当に悔しいです。強かったです。実力差は気合でなんとかなると思ったけどなりませんでした。もっと実力を付けます。いいパフォーマンスができるように頑張ります」と涙ながらにコメント。更なる実力アップに向けて意気込んでいた。

●編集部オススメ

・【RIZIN】元UFC堀江圭功が3連勝、タフな中田大貴との死闘を制す

・【RIZIN TRIGGER】11.28 全試合 結果速報(昇侍vs萩原京平、堀江圭功vs中田大貴ほか)

・【RIZIN】萩原京平が昇侍の顔面に“サッカーボールキック”KO勝利!大晦日ドミネーターに対戦要求

・【RIZIN】魚井が強烈“フルスイング”で初回KO勝利!一撃食らった獅庵は担架で運ばれる

・【RIZIN】無敗の超新星・木下憂朔、DEEP王者・住村竜市朗を失神KOも、反則行為により失格負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧