TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】元UFC堀江圭功が3連勝、タフな中田大貴との死闘を制す

2021/11/28(日)UP

パンチを当てる堀江

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『RIZIN TRIGGER 1st』
11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール

▼第13試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(68.0kg)
〇堀江圭功(ALLIANCE)
判定3-0
●中田大貴(和術慧舟會HEARTS)

顔を血で真っ赤に染めながらキックで攻める中田

 堀江は極真空手をベースに21歳でパンクラスでプロデビュー。UFC参戦を経て今年3月からRIZINのリングに上がると、ZST王者の関鉄矢をKOで、元UFCの佐々木憂流迦を判定で2連勝中だ。

 対する中田は大沢ケンジ率いる和術慧舟會HEARTS所属の期待の新人で、昨年パンクラスにてプロデビューしキャリアは4勝1敗、今年は3勝(2KO)と波に乗っている。

 1R、速いテンポから右ストレート、さらに飛びヒザは堀江。中田はジャブを突いてじりじりプレッシャーをかけるが堀江は飛び込んで右ストレート、ボディなど強打を当てる。ジャブを突いてから飛び込んでボディの堀江に中田は右ハイを返す。
 堀江にケージを背負わせて詰める中田は笑顔を見せる。鼻血を出し顔を血に染めながらも前へ出る中田、堀江は距離を取りながら右ストレートを当てる。

 2R、このラウンドもプレッシャーをかけるのは中田。堀江は冷静に見ながらジャブを突く。ボディ、右ストレートと堀江のパンチが快音を放ってヒットするがそれでも中田は効いた素振りを見せず前へ出る。
 すると堀江はシングルレッグでテイクダウン。ハーフガードでガッチリと抑えつつ細かくパウンドを当てる。

 3R、堀江は打ち合いに誘うとパンチに来た中田をタックルでテイクダウン。立って中田の足をさばいてパウンドを狙うが中田は逃げるように立つと向き直ってスタンドへ。左右の連打で前へ出る中田だがやはり堀江にタックルを合わされる。

 マウントを取った堀江はポジションをキープしつつヒジや掌底で削る。ブリッジで跳ねのけて起き上がった中田、しかし堀江はシングルレッグでケージに押し込みまたも中田を寝かせる。すると中田はまたもブリッジで返すと逆に堀江のバックへ飛びつく。そのまま試合終了のゴングが鳴った。
 判定は3-0で堀江。異常な打たれ強さを見せる中田を総合力で上回り、堀江がRIZIN3連勝を飾った。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN TRIGGER】11.28 全試合 結果速報

・[この日の試合]魚井が強烈“フルスイング”で初回KO勝利!一撃食らった獅庵は担架で運ばれる

・[この日の試合]新星“柔術黒帯”グラント・ボグダノフ、プロレスラー奥田啓介を“67秒殺”一本!王者サトシに大みそか対戦要求

・[この日の試合]亀田にも勝った元WBA王者テーパリットが戦慄の一撃KO!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別