TOP > ニュース 一覧

【ラウェイ】3.27大阪大会カード発表、ラウンドガールはグラビアでも活躍の阿久津真央&谷かえ

2022/03/09(水)UP

桜華vsラックチャイGTジム

 3月27日(日)に大阪・コレガスタジオで開催される『LETHWEI×UNBEATABLE #3』の対戦カード、ラウンドガールが発表された。

【写真10枚】ラウンドガール阿久津真央&谷かえ、アンビータブルでビキニ姿も

 ラウェイは「地上最も過激な格闘技」ともいわれるミャンマーの伝統武術で、拳にバンテージのみを巻き、競技が行われ、判定決着がない。
「アンビータブル・ルール」は昨年新制定され、シリーズのために特別開発されたオープンフィンガーグローブを着用し、5分2ラウンド・インターバル2分の判定有りなどルール内容が異なる。ラウェイルールに含まれる1試合で1回2分間休憩できるシステム「タイム」も認められない。

ラウェイルールで戦うYABU(右/2017年9月)

 ラウェイ公式ルールでは、桜華(小浜道場絆)とラックチャイGTジム(GTジム・タイ国)が62kg契約で対戦。桜華は 32戦16勝(11KO)13敗3分(本人Twitterより)の戦績をもつ。対するラックチャイはGTジムでコーチを務める傍ら、精力的に国内の試合に出場している。

 同じくラウェイルール65kg契約では福田泰暉(TEAM-STAKE)vs吉瀧光(KINGLEO)が決定。福田は昨年10月の『ラウェイ』後楽園ホール大会ではアンビータブル ルールで出場し勝利を収めている。対する吉瀧は西・北日本を拠点に活動し、THE OUTSIDER、Wardog Cage FightといったMMAへの参戦の後、キックボクシング戦へも出場している。

 アンビータブルルールでは、無差別級で元関西の格闘技団体RKSのMMAヘビー級王者・YABU(フリー) と安ジェス(LION GYM・フィリピン)が対戦する。

阿久津真央(左)と谷かえ©ファーストオンステージ

 ラウンドガールは第1回から引き続き、阿久津真央(28)と谷かえ(23/大会時24)の2人が登場する。阿久津は『日本レースクイーン大賞2017』8代目グランプリを受賞、谷もレースクイーンでもあり、2人ともグラビアでも活躍。

 ラウェイは奉納行事でもあるため、ラウンドガールはリングに登壇せずリングの周りをプラカードを持って回るが、アンビータブル・ルールではラウンドガールもリング登壇を行う。また、衣装もラウェイとアンビータブルそれぞれで異なるものが着用されている。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報など

<決定対戦カード>
▼ラウェイ公式ルール 62kg契約 3分5ラウンド 判定無し
桜華(小浜道場絆)  
vs 
ラックチャイGTジム(GTジム・タイ国)

▼ラウェイ公式ルール 65kg契約 3分5ラウンド 判定無し
福田泰暉(TEAM-STAKE) 
vs  
吉瀧光(KINGLEO)

▼アンビータブルルール 無差別級 5分2ラウンド 判定あり
YABU(フリー)  
vs  
安ジェス(LION GYM・フィリピン)

▶次ページは【写真10枚】ラウンドガール阿久津真央&谷かえ、アンビータブルでビキニ姿も

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【ラウェイ】やはり強かった渡慶次幸平、三日月蹴りとストレートで“すげぇ”TKO勝利「死ぬまでラウェイは辞めねえ」

・【ラウェイ】渡慶次幸平が1年9か月ぶりラウェイ戦でKO勝利、東修平が皇治に頭突き勝負を呼びかけ、史上初アンビータブルルール戦で鈴木槙吾が坂本優起にTKO勝利

・【ラウェイ】日本勢、ミャンマー選手に勝利ならずも、初のヘビー級マッチでは豪州レスラーに勝利

・“リングが聖地”のミャンマーラウェイがラウンドガール登壇を認めた!? 新ルール「アンビータブル」に限りリング上へ

・【ラウェイ】10.6 ラウンドガールに“元・大手企業受付嬢”ら、グラビアでも活躍の4名が決定(写真38枚)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧