TOP > 試合結果 一覧

【ラウェイ】渡慶次幸平が1年9か月ぶりラウェイ戦でKO勝利、東修平が皇治に頭突き勝負を呼びかけ、史上初アンビータブルルール戦で鈴木槙吾が坂本優起にTKO勝利

2021/07/22(木)UP

渡慶次が19年10月以来のラウェイ戦で見事KO勝利を飾る

株式会社ファーストオンステージ
『LETHWEI ✕ UNBEATABLE 第1回大会』
2021年7月22日(木・祝)東京・新宿FACE

▼第5試合 ラウェイ・ルール 75kg契約 3分5R インターバル2分 判定なし
○渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)
KO 3R38秒 ※レフェリーストップ
●ジョナタン・バイエス(パラエストラ沖縄)

ジョナタンの足を攻める渡慶次の左ロー

 渡慶次は第5回 KBZ ミャンマーラウェイ75kg級世界王者となった実績を持ち、ミャンマーの子供教育支援等の活動にも励んでいる。
 ラウェイ日本大会が開催されていない間、『REBELS』『KNOCK OUT』でキックボクシングルールの試合に出場していたが、現在3連敗を喫している。今年4月には“現在進行形のU”を掲げるプロレス興行ハードヒットにも参戦し、僧侶・阿部諦道と対戦し、大乱闘で没収試合となった。

 対するジョナタンはアメリカ生まれで、17年に総合格闘技でプロデビュー。前戦は19年11月の修斗でTKO負けを喫している。今回のラウェイ参戦には「過激な闘いは金になるものさ」とだけコメントしている。

 1R、両者サウスポー。プレッシャーをかける渡慶次が強烈な左ロー。カウンターにジョナタンが左ストレートを打ち下ろす。フェイントをかけながら渡慶次が左ローを刻むと、ジョナタンは手数が減る。渡慶次がローをフェイントに左ストレートから右フックを返し浅く当てる。

ジョナタンの左打ちおろしが渡慶次を脅かす

 2R、渡慶次の左ローでジョナタンが大きくバランスを崩す。飛び込んだ渡慶次の右フックでジョナタンが尻餅をつくも、すぐに立ち上がりノーダウン。渡慶次の打ち終わりにジョナタンは左ストレートを打ち下ろすが、渡慶次は距離を取り左右ローを刻む。

 3R、圧力をかけるジョナタンが左ストレートを打ち下ろす。距離を詰めるジョナタンが青コーナーに渡慶次を詰めるが、渡慶次は振り回した右フックでダウンを奪う。ここで青コーナーからタイムの申請。2分間のインターバルが与えられるが、ジョナタンのダメージは回復せず。そのままレフェリーが試合を止め、渡慶次が1年9か月ぶりのラウェイ戦でKO勝利を飾った。

渡慶次はパンチも冴え、右フックでダウンを奪う

 渡慶次はマイクを握ると「久しぶりにラウェイができて楽しかった。たくさんの人たちが協力してくれたからで、僕のラウェイをやりたいという気持ちに賛同してくれてありがとうございます」と、関係者に感謝の言葉を述べた。

 そして「僕と東君はラウェイに命をかけて、ミャンマー、日本、世界にこんなにやばいことをやっている奴らがいると認めてもらえるような人生にしていきたいです。ジョナタン選手の左ストレート、やばかったじゃないですか。痛かったんで、いつかポックリ逝くと思うんで、1試合でも多く渡慶次の試合を見に来て下さい」と次回10月大会の観戦をファンに呼びかけ、大会を締めくくった。

▶次ページは東修平vs高木亮

●編集部オススメ

・初参戦の元SB王者・坂本優起がフンドシ姿で計量パス「頭突きを重点的にやった」=前日計量

・“リングが聖地”のミャンマーラウェイがラウンドガール登壇を認めた!? 新ルール「アンビータブル」に限りリング上へ

・佐藤光留が欠場し元SB王者・坂本優起が代打参戦、元パンクラス王者・鈴木槙吾と対戦へ

・渡慶次幸平&東修平の“世界一過激な格闘技” 対戦相手が決定「場内大熱狂!これぞ男の真っ向勝負!」(東)=7.22

・元パンクラス王者・鈴木槙吾がアゴ骨折から2年、再びラウェイに挑戦「戦うのが楽しいから出るだけ」=7.22

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧