TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】近藤が“勝ち”に徹して判定勝利、高阪はスーパーヘビー級王座に

2004/11/07(日)UP

パンクラス「PANCRASE 2004 BRAVE TOUR」 
2004年11月7日(日) 東京・東京ベイNKホール 
開場15:00 開始16:00

▼セミファイナル 初代スーパーヘビー級キング・オブ・パンクラス王座決定戦 5分3R
同級10位
○高阪 剛(チーム・アライアンス/107.2㎏)
判定3-0 ※30-30(優勢:高阪)、29-28、29-29(優勢:高阪)
同級2位
●ロン・ウォーターマン(チーム・インパクト/122.6㎏)
※高阪が初代スーパーヘビー級王座に就く。

 元リングスの高阪が勝てばパンクラスのベルトを巻くという事で、話題を呼んだ一戦。高阪は自ら志願したというウォーターマン戦に勝利し、自身にとって初のベルトを巻く事が出来るか? 一方のウォーターマンは、前々日の調印式で「彼に負ける要素は見当たらない」と豪語。得意の怪力アームロックで、WECに続き二本目のベルトを狙う。

 後ろに吉田秀彦、横井宏考、高橋義生らを率いて入場してきた高阪。1R、ウォーターマンはいきなりのパワフルなタックルで高阪をロープ際に押し込み、テイクダウン。高阪はスイープを狙い、そのまま膝十字固めを狙うが、ウォーターマンが立ってパウンドを落とす。ウォーターマンはサイドに回って鉄槌を落とすがそれ以上の攻撃がなくブレイクに。ウォーターマンは再度、怒涛のタックル。高阪はそれを起こしてヒザ蹴りを放つが、両足を掬われてテイクダウンを許してしまう。高阪が柔軟な身体を利して下からの十字を狙うが、ウォーターマンはパウンドで阻止。高阪が今度は三角を仕掛けたところでゴングが鳴った。
 
 2R、フックの打ち合いからウォーターマンが構わず突っ込んでのタックルで、高阪の上体がロープの外へ。ブレイクとなり、スタンドで高阪の左右フックがヒット。ウォーターマンは組み付いてのヒザからテイクダウンを奪い、サイドからマウントへ移行。しかし、TKシザースを警戒してか、ウォーターマンは何を仕掛けるわけでもなくベッタリと上に乗ったまま。高阪はブリッジでリバーサルに成功し、左右のパンチを落とす。

  中村和裕から「手数!」長南亮からは「ボディから顔面へ!」というアドバイスが飛ぶ。高阪はウォーターマンの太い腕に遮られながらも、左フックの連打、右フックの連打を決めていく。立ち上がった高阪は右ストレート、ウォーターマンはそれに合わせてタックル、高阪の上体が再びロープの外へ出てしまいブレイク。スタンドに戻って高阪がパンチの打ち合いを挑むと、それを嫌うウォーターマンがタックルに入ったところで2R終了。
 
 3R、少しでも時間を稼ぐためか、「セコンドアウト」がコールされても、ウォーターマンのセコンドがなかなかリングから出ない。ウォーターマンは明らかにスタミナ切れだ。タックルに行ってもスピードがなく、高阪のヒザで迎え撃たれてしまう。バックを奪っても、あっさりと立ち上がられてしまうなど、高阪に勝機が見えてきた。高阪は右ローを連発、ウォーターマンは突進してテイクダウンを奪い、サイドにつくが得意のアームロックは警戒されて防がれ、ただ乗っているだけ。抑え込みに徹するウォーターマンに、苛立った観客から「早くブレイクしろ!」という罵声が次々と飛ぶ。高阪のヒップスローで両者がロープ際でもつれたためブレイク。スタンドになると高阪の右フックがヒット、ウォーターマンは苦し紛れのタックルでテイクダウンするが、何も出来ずにサイドから抑え込むのみ。高阪は肩に相手の腕を挟んでのアームロックや、両足を相手に絡めての攻めを見せるが巨体の抑え込みはいかんともしがたく、そのまま終了のゴングを聞いた。
 
 判定は二人がドローだったが、マストシステムにより優劣がつけられ、3-0で高阪が勝利した。高阪は「応援、ありがとうございました。今回、自分はこのパンクラスのリングに上がるという事で、自分の中でやらなければいけない事がたくさんありまして、リングまで引きずり込んでくれた高橋さん、ジムの練習仲間、ジム生のみんな、ありがとう!」と、疲れと喜びでやや支離滅裂状態のマイク。
  それほど、タフな試合だった。「今回、自分はこのベルトを巻く事が出来ましたので、これからはファンの皆さんが応援してくださるのなら、もう1回このリングに上がります!」と、パンクラス再登場を誓った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧