TOP > 試合結果 一覧

【PRIDE】12・31ヒョードルが苦戦の末に一本勝ち! 五味は石田を秒殺KO、吉田はまさかの敗戦

2006/12/31(日)UP

DSE
「PRIDE男祭り2006-FUMETSU-」
2006年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナ
開場14:00 開始16:00

▼メインイベント PRIDEヘビー級タイトルマッチ
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/レッドデビル)
一本 1R8分16秒 ※羽根折り固め
マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム)
※ヒョードルが3度目の防衛に成功。

 今回のタイトルマッチ、15kg以上体重の軽いヒョードルが4点ポジションでのヒザ蹴りを認めたため、通常のPRIDEルールで行われることになった。

 1R、インローを蹴るハントは、ジャブを突いて前に出る。ハントの強烈な左フックが空を切っても、表情一つ変えないヒョードルは左フックから、組み付いて一気にテイクダウン。

 マウントに移行し、間髪入れずに腕十字を仕掛ける。何とか上のポジションを取り返したハントだったが、ヒョードルはハントの体を前方に返すようにしてクラッチを切ってハントの左肘を伸ばす。 一瞬、ハントの肘が完全に伸びるが、ハントはタップしない。ハントはヒョードルの体をまたいで腕を抜いた。

 そのままそのままサイドポジションで押さえ込むハントは、細かくパンチを落とす。肘でヒョードルの顔を突き放して鉄槌のハント。ヒョードルは体を起こして足を入れようとするものの、ハントはしっかりとヒョードルを押さえ込む。ここでヒョードルは亀になりながら立つが、ハントが後頭部を殴って反則を宣告される。

 スタンドの再開後、ハントの左右のフックがヒョードルの顔をかすめる! するとヒョードルは打撃を捨てて、なりふりかまわずハントにしがみついてテイクダウンを狙うが、逆にテイクダウンしたのはハント!

 グラウンドで上のポジションを取ると、何とV1アームロックを狙う! ヒョードルの左腕を完全に決めて一気にねじあげるが、極めることができない。

 このピンチを脱出したヒョードルは立ち上がると、強引な投げを仕掛ける。一度は失敗したものの、ヒョードルが両差しからテイクダウンを奪うと、ハーフガードで上になる。

 そしてハントの手首を持ちアームロック! そして一気に捻じ曲げると、ハントが苦悶の表情を浮かべてタップ! ヒョードルが苦戦しながらもハントを退け、世界最強の称号を守った。

▶次ページはノゲイラとジョシュ・バーネットが激突

●編集部オススメ

・【PRIDE】ドン・フライvs高山、桜庭vsヘンゾ戦をUFCが無料公開 「“PRIDEは永久に不滅”ウイーク!」(動画あり)

・【PRIDE】藤田、UFCの刺客モンソンに敗退…ソクジュがアローナをKO葬、青木はライト級GPに向け好発進

・【UFC】PRIDEでも活躍したノゲイラ弟、ショーグンと引退マッチか

・【PRIDE】ロス会見でビッグサプライズ!あのマイク・タイソンが登場

・【PRIDE】藤田、UFCの刺客モンソンに敗退…ソクジュがアローナをKO葬、青木はライト級GPに向け好発進

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧