TOP > 試合結果 一覧

【PRIDE】藤田、UFCの刺客モンソンに敗退…ソクジュがアローナをKO葬、青木はライト級GPに向け好発進

2007/04/08(日)UP

DSE
「PRIDE.34」
2007年4月8日(日)さいたまスーパーアリーナ
開場14:00 開始15:30 観衆=23,336人(満員)

▼第8試合 メインイベント ヘビー級ワンマッチ
○ジェフ・モンソン(アメリカ/アメリカン・トップチーム)
一本 1R6分37秒 ※裸絞め
●藤田和之(「Team Japan」藤田事務所)

 PRIDEのテーマ曲で入場する藤田。PRIDEのロゴが入ったTシャツで花道を歩き、ジッとリングを見つめると小さくうなずいて、リングに上がった。

 1R、モンソンは真っ直ぐジャブを打ち、右フックからタックルでテイクダウンを狙っていく。一度は藤田にタックルを切られたモンソンだったが、しつこく藤田の足に絡みつき、立ち上がる藤田のバックを奪う。

 藤田は立った状態をキープし、モンソンを前方に振り落としてヒザ蹴りを打つ。さらにモンソンのタックルをがぶった藤田は、4点ポジションからのヒザ蹴り。

 モンソンの引き込み際にはサッカーボールキックを飛ばす。PRIDEルールをフルに生かした攻撃である。

 ワンツーを打つモンソンは、パンチで距離を測りながらタックルを狙っていく。一発ではテイクダウンできないモンソンだが、自ら引き込むように下になったり、相手のサイドに回ったりと、何度もタックルの態勢を切り替えて、藤田の足を高く持ち上げると藤田のバックに回る。

 モンソンは藤田の首と脇の下から手を入れて、たすきにクラッチすると、そこからじっくりバックを狙いながら、ジワジワと首に手を滑り込ませていく。そして自分の前腕を入れるような形でチョークスリーパー! 

 亀になる藤田を仰向けにさせたところで、藤田がタップ! PRIDE×UFCの対抗戦はUFCが先勝するという結末を迎えた。

 全試合終了後、会場にいたPRIDEファイターたちが続々とリングに上がり、ダン・ヘンダーソンやヴァンダレイ・シウバらがそれぞれ挨拶。榊原代表は選手、スタッフ、関係者に感謝の言葉を述べると、「今日までありがとうございました。またどこかでお会いできればなと思います」と最後の言葉を締めくくった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧