TOP > 試合結果 一覧

【アウトサイダー】不良軍団が大善戦!ロシア&ブラジルとの対抗戦は3勝2敗

2011/11/13(日)UP

リングス
「THE OUTSIDER 第19戦」

2011年11月13日(日)神奈川・横浜文化体育館
開場14:00 開場15:00


▲ウィリアム・オナヤ(下)から有利なポジションを取った堀鉄平が試合の主導権を握った

▼第24試合 日系ブラジリアン柔術軍団対抗戦 体重Limit75kg
“法曹界の最強戦士 柔術弁護士”
○堀 鉄平
判定2-0
“ブラジリアン柔術カルナバルボンバー”
●ウィリアム・オナヤ(ブラジル)

 リングス所属のプロ選手でもある堀が対抗戦に登場。対戦相手のオナヤは堀と同じ柔術紫帯で、柔術歴4年という選手だ。

 1R、テイクダウンを狙う堀に対してオナヤがフロントチョーク! 堀は頭を抜いてグラウンドで上になるとオナヤの顔面にパンチを落とす。

 2R、堀がすぐに両足タックルでテイクダウンを奪い、細かくパンチを落とす。

  ブレイク後、再び堀がテイクダウンを奪って、オナヤの三角絞めをディフェンスしながらパスガードを仕掛ける。

 判定は2-0で堀が勝利。試合後、堀は「前の2試合がいい形だったんですけど、判定で流れを止めてしまいました(苦笑)。プロ契約して2試合連続でKO負けしていたので、今回は勝ちに徹しました」と試合を振り返った。



▲チアゴ・シオカワ(下)からTKO勝利したソルジャーボーイ一樹

▼第23試合 日系ブラジリアン柔術軍団対抗戦 体重Limit77kg
“神速”
○ソルジャーボーイ一樹
TKO 2R51秒 ※レフェリーストップ
“TEAM COMBATの若きプリンス”
●チアゴ・シオカワ(ブラジル)

 元自衛官という肩書きを持ち、ここまでアウトサイダーでは3戦3勝と負けなしの一樹。対するシオカワは柔術歴10年、パワフルな試合展開を持ち味にしているという。

 1R、一樹がいきなりシオカワを投げてテイクダウン! 試合がスタンドに戻ると一樹が鋭いヒザ蹴り、右ミドルを入れ る。そしてパンチから突進した一樹が、背中を見せるシオカワにパンチを連打し、レフェリーはシオカワにダウンを宣告する。再開後、一樹がパンチからテイク ダウンを奪うと、シオカワはアキレス腱固めを仕掛ける。

 2R、ジャブから右ストレートを打つ一樹。組み付いたシオカワは寝技に引き込むが、一樹はシオカワの顔面にパンチを入れる。これでシオカワの動きが止まり、レフェリーが試合を止めた。

 TKO勝利を収めた一樹は「12月18日に名古屋で僕が出る大会があるんで、見に来てください。あと生意気にも僕、ブログを始めたのでよろしくお願いします(笑)」とマイクアピールした。



▲ヘンリ・カキウチヴォルベリン(下)からアームロックで一本勝ちした熊澤伸哉

▼第22試合 日系ブラジリアン柔術軍団対抗戦 体重Limit70kg
“沖縄道場 闘心の毒蛇”
○熊澤伸哉(闘心/第12回パンクラスネオブラッドトーナメントウェルター級準優勝)
一本 1R2分46秒 ※アームロック
“ブラジリアン柔術セレソン”
●ヘンリ・カキウチヴォルベリン(ブラジル)

 日系ブラジリアン柔術軍団との対抗戦。初戦に登場する熊澤はプロでのキャリアもあり、アメリカでドゥエイン・ラドウィック(※須藤元気、武田幸三に勝利)と戦ったこともある。一方のヴォルベリンは前田日明が直々に道場でスカウトした選手でもある。

 1R、サウスポーの熊澤が左ストレート、両足タックルでテイクダウンを奪う。

 ヴォルベリンはすぐに立ち上がり、熊澤のボディにヒザ蹴りを入れる。熊澤は再びタックルに入ってヴォルベリンをテイクダウンし、上四方固めからアームロック! 熊澤が一本勝ちでアウトサイダーに1勝をもたらした。

 試合後、熊澤は「アウトサイダーのリング、初めて上がって最高ですね。来年、リングスが復活するということで、アウトサイダーより一つ上のリングで戦いたいと思います」と今後の目標を語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧