TOP > 試合結果

【ホーストカップ夜の部】K-1甲子園王者がRISEランカー破る

2013/02/24(日)UP

アーネスト・ホーストジムJAPAN
「HOOST CUP~魂・其之弐~(スピリットツー)」NIGHT FIGHT
2013年2月24日 (日)愛知・東海テレビ・テレピアホール

▲小川(右)の左ミドルが麻原(左)の動きを抑え込む

▼メインイベント(第8試合) 63kg契約 3分3R
○小川 翔(OISHI GYM/2011年K-1甲子園王者)
判定2-1 ※30-29、30-29、29-30
●麻原将平(正道会館/RISEライト級4位)

 この階級の実力者である両者は気合い十分の入場。歓声があがる。

 1R、どっしりと構え、リズムよくミドル、ローを強く当てる小川に対し、麻原は足を使って細かいパンチを当てていく。2Rも同様のラリーが続くが、細かいパンチの麻原に対し、小川の強い蹴りの印象が優るか。

 1、2Rは印象点で小川が取るが、3Rは麻原が仕掛ける。前に出始めた麻原のパンチに小川も戸惑いの表情。しかし、小川は麻原の技の打ち終わりに速さと重さのある蹴りを入れて、追撃を許さない。

 距離を取ってパンチを当てた麻原と、リングの中心に立ってパワーとスピードが伝わる蹴りを当て続けた小川に判定は割れたが、判定2-1で小川が勝利を奪った。


 

▲善戦した不可思(左)だが、歴戦の勇者に一歩及ばず

▼セミファイナル(第7試合) 58kg契約 3分3R
○マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/元ルンピニースタジアム認定バンタム級&スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-29
●不可思(TheBodyBox/WPMF日本フェザー級2位)

 7カ月ぶりの試合となるピンサヤーム。対する不可思は金星をもぎ取ろうと気合い十分の入場。両陣営の応援団から歓声があがる。

 1R序盤から、不可思の左右に体を振ったリズムから繰り出すスピードのあるパンチが、ピンサヤームの顔をとらえる。ブランクのせいか反応が出来ないピンサヤーム。しかし、ピンサヤームはダウンかと思われる状況でも焦らず攻撃を返す。2Rも不可思が変わらずスピードのあるパンチで攻勢に立つ。

 しかし、ピンサヤームのショート左フックが不可思をとらえ始める。たじろいだ不可思をアッパーで追随するピンサヤーム。不可思は口から激しい出血。

 3R、ペースを取り始めたピンサヤームがパンチ、ヒザで不可思を追い詰める。不可思もおびただしく口から出血しながら気力でパンチを返し、ピンサヤームもダウンまでは奪えない。互いの技が交錯し、3R終了のゴング。

 2Rから追い上げたピンサヤームが元ムエタイ王者の意地を見せて判定勝利。不可思の健闘も光り、今後の軽中量級戦線のトップに食い込むであろう可能性を見せた。


▼第6試合 63kg契約 3分3R
○安田慶二郎(Axis-J)
判定3-0 ※30-28、30-29、30-29
●野上祐太(風吹ジム) 

▼第5試合 84kg契約 3分3R
△ジュリオ・セザル(ブラジリアン・タイ)
ドロー 判定0-1 ※29-29、29-29、28-30
△小西雅仁(正道会館)

▼第4試合 72kg契約 3分3R
○佐藤篤史(アーネストホーストジムJAPAN)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-28
●梅村アキラジュニア(若獅子会館)

▼第3試合 61kg契約 3分3R
○Tatsuya(TheBodyBox)
KO 2R58秒
●中野祐基(錬正館)

▼第2試合 54kg契約 3分3R
○磯部 心(Splash)
TKO 2R2分5秒 ※セコンドからのタオル投入
●生川龍星(魁塾)

▼第1試合 58kg契約 3分3R
○竹内賢一(TenCloverGym)
判定2-0 ※30-30、29-28、30-29
●利×希(TheBodyBox)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果