TOP > 試合結果 一覧

【ZST】小谷直之が強打者に圧勝!世界への挑戦をアピール

2013/04/07(日)UP


▼第10試合 RINGSルール 77.1kg以下契約 5分2R
○NAKADAI(リバーサルジム横浜グランドスラム)
判定2-0
●菱沼 郷(ハイブリッドレスリング山田道場/RINGS)

 菱沼はアウトサイダーに第1回大会から出ている選手で、今回がプロデビュー戦。現在は“関節技の鬼”と呼ばれたプロレスラーの藤原喜明から直接指導を受けているという。対するNAKADAIは打撃を得意とする突貫ファイターだ。

 1R、NAKADAIは前蹴りから片腕をつかんでのパンチ、菱沼も打ち合う。左右フックを振るって前に出る菱沼にNAKADAIはロープを背にしながらフックを打ち返し、首相撲からのヒザ蹴り。

 菱沼もアッパーを返す。菱沼は投げを狙ったが、手が滑って自分だけが転倒。NAKADAIはすかさずパンチ、ヒザ蹴り。NAKADAIはボディブローから抜群のタイミングでヒザを突き刺し、組んできた菱沼を気合いとともに押し倒してマウントポジションを奪う。

 2R、NAKADAIが前蹴りとロー、菱沼は左右フックで前進する。NAKADAIもアッパーで迎え撃ち、菱沼は組み付く。

 NAKADAIはヒザ蹴りからタックルに行くが、菱沼が場外へ落ちてしまいブレイクに。再開後、菱沼のパンチにヒザ蹴りを返したNAKADAIだが、足を滑らせて転倒。菱沼が上になる。

 菱沼はアームロックを取りに行き、NAKADAIはディフェンス。さらに起き上がって菱沼のバックを奪い、背後からのパンチ連打! そしてスリーパーの体勢へ! 菱沼が起き上がり、NAKADAIも起き上がってジャブとヒザ蹴り。

 菱沼はカモンゼスチャーで挑発し、両者フックを打ち合う。離れるとNAKADAIがヒザ蹴り、ボディブロー、前蹴り。菱沼はノーガードで仁王立ちになり、もっと打って来いと挑発して左右フック。NAKADAIもパンチを打ちに行く。両者の持ち味が出た試合はNAKADAIが判定で制した。




▼第9試合 RINGSルール 65.0kg以下契約 5分2R
○加藤 惇(かとう・あつし/キングダム横浜旭)
一本 2R4分41秒 ※スリーパーホールド
●清水俊裕(総合格闘技宇留野道場)

 清水は仮面ライダーのパフォーマンスから“ZSTのライダー”と呼ばれて人気を博す、ZSTの中心選手。対する加藤はZSTの選手育成大会SWAT!で活躍し、今回が本戦デビューとなる。

 1R、清水のタックルを切っては右のパンチを叩き込む加藤。3度目のタックルで清水が足をつかむが、加藤はパンチを連打。それでも離れない清水が胴タックルに移行し、コーナーへ押し込んで片足タックル。

 加藤はコーナーを背にして倒されるのを防ぐ。バックに回ってさらにテイクダウンしに行く清水。加藤も前傾姿勢で必死にこらえる。加藤の背中に飛び乗った清水はスリーパーを狙いに行く。清水を担いだまま加藤が倒れるのを拒み、時間が過ぎていった。残り30秒でブレイクがかかり、加藤がハイキックを出して足を滑らして転倒。すかさず清水が足関節技を仕掛け、場内が盛り上がったところでラウンドが終了した。

 2R開始後、すぐに清水がタックル。加藤はパンチを入れて倒されるのをこらえるが、清水が強引に投げて上を奪う。立ち上がろうとした加藤に清水はアームロック、腕十字、そして三角絞めの連続攻撃。

 しかし加藤が脱出して上になり、抑え込みながらパンチを入れる。残り時間1分、再び下から三角絞めを仕掛ける清水! 加藤は回転して脱出し、またも上になる。

 マウントを奪った加藤がバックマウントになり、スリーパー狙い。これが極まらないと加藤はマウントに戻ってパンチ。再びスリーパーを仕掛ける! これに清水がタップ(手で相手の身体を叩くギブアップの意思表示)! スピーディーな技の応酬で場内を沸かせた好試合は、加藤が制した。加藤はマイクを持つと、「最高です! 僕、大五郎(焼酎)が大好きなんですよ。ご唱和をお願いします。俺とお前と大五郎!」と高らかに叫んだ。



▼第8試合 RINGSルール 65.8kg以下契約 5分2R
○島村 裕(総合格闘技宇留野道場)
KO 1R4分5秒 ※左ストレート
●樋沼朝光(RIKI GYM)

 お互いに柔道をベースに持ち、島村は関節技、樋沼はシュートボクシング仕込みの打撃を得意とする。

 1R、パンチで圧力をかけていく樋沼。島村も右フック、飛びヒザ蹴り。右フックを振るう樋沼に島村は組んでヒザ蹴り。パンチで仕掛ける樋沼がやや有利に見えたが、樋沼の右フックに島村が左ストレートのカウンター! これが見事に決まり、足がもつれて倒れる樋沼。島村が豪快なKO勝ちを収めた。



▼第7試合 GT-Fルール ライト級シングルマッチ 5分2R
○牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)
一本 1R1分47秒 ※ヒールホールド
●チャールズ・ガスパー(ブラジル/インパクト柔術)

▼第6試合 ZSTルール ライト級シングルマッチ 5分2R
△奥出雅之(ゴールドジムサウス東京/初代フェザー級王者)
ドロー ※時間切れ
△平 信一(綱島柔術)

▼第5試合 ZSTルール ライト級シングルマッチ 5分2R
○佐久間 亮(パラエストラ古河)
一本 1R33秒 ※腕ひしぎ十字固め
●太田裕之(OFC)

▼第4試合 ZSTルール ウェルター級シングルマッチ 5分2R
○伊藤有起(ALLIANCE)
一本 1R43秒 ※腕ひしぎ十字固め
●高橋 悟(総合格闘技move)

▼第3試合 ZSTルール フライ級シングルマッチ 5分2R
○上原佑介(マルワジム横浜/team roial)
一本 1R2分14秒 ※三角絞め
●竹中 慎(パンクラス P‘s LAB 東京)

▼第2試合 ZSTルール バンタム級シングルマッチ 5分2R
△渡部修斗(Nexusense)
ドロー ※時間切れ
△上田貴央(パラエストラ葛西)

▼第1試合 ZSTルール フライ級シングルマッチ 5分2R
○田丸慶輔(総合格闘技宇留野道場)
TKO 1R16秒
●榊原 徹(U-FILE CAMP 登戸)

▼SWAT!バウト第11試合 SWAT! HIGH SCHOOL WARSルール フェザー級シングルマッチ 3分2R 
○伊達和貴(Team DATE)※新高校二年生
一本 2R1分9秒 ※三角絞め
●伊藤空也(禅道会諏訪松本支部)※新高校二年生

▼SWAT!バウト第10試合 SWAT! HIGH SCHOOL WARSルール バンタム級シングルマッチ(3分2R) 
△伊達 聡(Team DATE)※新高校二年生
ドロー ※時間切れ
△関口祐冬(総合格闘技CROW FOREST)※新高校二年生

▼SWAT!バウト第9試合 SWAT!ルール フェザー級シングルマッチ 5分2R 
○柏崎 剛(K-PLACE埼玉格闘技道場)
一本 1R3分21秒 ※腕ひしぎ十字固め
●鴻野洋一(マルワジム横浜)

▼SWAT!バウト第8試合 SWAT!ルール バンタム級シングルマッチ 5分2R 
△山田聖王(Team DATE)
ドロー ※時間切れ
△植原 健(マルワジム横浜)

▼SWAT!バウト第7試合 SWAT!ルール フライ級シングルマッチ 5分2R
○伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)
一本 1R1分3秒 ※ヒールホールド
●藤澤彰紀(W-BLOOD)

▼SWAT!バウト第6試合 SWAT!ルール フェザー級シングルマッチ 5分2R
○関根直文(ジェイズGYM)
TKO 2R2分18秒 ※打撃によるレフェリーストップ
●工藤彰一(FREEDAM@OZ)

▼SWAT!バウト第5試合 SWAT!ルール バンタム級シングルマッチ 5分2R
○鈴木廣二(MSD護心道)
1R2分8秒
●皆葉聡志(GRABAKAジム)

▼SWAT!バウト第4試合 SWAT!ルール ライト級シングルマッチ 5分2R
○河西和希(総合格闘技武門會)
1R1分34秒 
●秋田智哉(総合格闘技move) 

▼SWAT!バウト第3試合 SWAT!ルール フライ級シングルマッチ 5分2R
○渡辺康一(SUBMIT御殿場)
2R3分39秒
●川端祐樹(総合格闘技move) 

▼SWAT!バウト第2試合 SWAT!ルール バンタム級シングルマッチ 5分2R
△谷川 啓(骨法烏合会矢野卓見道場)
ドロー ※時間切れ
△鷲山 亨(禅道会横浜総本部)

▼SWAT!バウト第1試合 SWAT! GT-Fルール ライト級シングルマッチ 5分2R
○篠宮敏久(綱島柔術)
2R4分45秒
●中根高歩(和術慧舟會GODS)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧