TOP > 試合結果 一覧

【レベルス】日菜太がハイキックで初代王者に!再び世界へ

2013/04/14(日)UP

▲立嶋(右)と下東(左)の試合はドローに終わった

▼第12試合 REBELS-MUAYTHAI フェザー級 3分5R
△立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)
ドロー 判定0-1 ※49-48、48-48、48-48
△下東悠馬(クラミツムエタイジム)

 90年代のカリスマ・キックボクサー立嶋が、1月27日に行われた『REBELS.14』からの連続出場が決定。前回は立澤敦史に判定負けを喫した立嶋が今回対戦する下東は、元J-NETWORKスーパーライト級王者・蔵満誠が会長を務めるクラミツムエタイジムに所属するムエタイスタイルのテクニシャンだ。

 41歳となった今でも現役にこだわる立嶋は、日本トップファイターの1人である駿太とフルラウンド戦い抜き、3戦3勝3KOのルーキー・津橋雅祥をTKOに破るなどの活躍を繰り広げている。今回はどんな試合を見せるのだろうか。

 1R、サウスポーの下東はいきなり足払いで立嶋を転倒させる。立嶋の右ミドルを受けた下東はパンチを連打し、立嶋を押し倒す。立嶋は右ローと右ボディストレートを狙い撃ち。

 2R、立嶋が右フックをヒットさせ、その後もパンチを当てていく。下東は右ロー、組み付くとヒジとヒザで上下に揺さぶる。離れてもパンチとローで上下に揺さぶる下東に、立嶋はコーナーを背負いながら右ロー。下東のパンチを連続してもらう。

 3R、前に出る下東が立嶋をコーナーへ追い詰め、パンチを連打。右フックが立嶋を捉える。立嶋は右ローとボディブロー。下東はこのボディをもらってやや手数が減るが、組むと立嶋を転倒させる。

 4R、立嶋が左ミドルから右ストレート。下東も右フックで前に出る。下東がカウンターで左ヒジ、立嶋は徹底したボディ攻め。パンチで攻める立嶋だが、下東はまたも足払いで立嶋を転倒させる。

 5R、前に出る立嶋に下東も打ち合う。立嶋は顔面とボディのコンビネーション。下東はパンチにヒジも混ぜ、立嶋の右フックが空振りしたところに左フックを合わせる。ラスト1分、下東が立嶋をコーナーへ詰めてパンチを連打。立嶋も右フックを振るって最後まで前に出る。

 判定は両者痛み分けのドローとなった。


▼第11試合 REBELS 55kg級 3分3R REBELSルール
○出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/J-NETWORKスーパーバンタム級2位)
判定3-0 ※30-29、30-29、29-28
●國本真義(MEIBUKAI KICKBOXING GYM/WPMF日本バンタム級6位)

▼第10試合 REBELS67kg契約 REBELSルール 3分3R
○喜入 衆(フォルティス渋谷/元J-NETWORKスーパーライト級王者)
TKO 3R1分40秒 ※バックブロー
●中田裕市(クロスポイント古河/WPMF日本ウェルター級2012年新人王、WPMF日本ウェルター級10位)

▼第9試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーフェザー級 3分3R
○HIROKI(Dropout/元NKBフェザー級1位、WPMF日本スーパーフェザー級5位)
判定2-0 ※29-29、30-29、30-29
●横田 健(習志野ジム/MA日本ライト級10位)

▼第8試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーバンタム級 WPMF日本ルール 3分3R
○岡田有晃(谷山ジム/J-NETWORKスーパーバンタム級7位)
判定2-0 ※30-28、29-29、30-29
●ベム(Dropout/元NKBバンタム級1位)

▼第7試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級 WPMF日本ルール 3分3R
○番長兇侍(習志野トップチーム)
判定3-0 ※三者とも29-27
●パク・チョンス(team OJ)

▼第6試合 REBELS NEW RAIDERS LEAGUE 60kg級 3分3R
○野上勇介(龍二ジム)
KO 2R47秒
●大橋悠一(クロスポイント大泉)

▼第5試合 REBELS NEW RAIDERS LEAGUE 60kg級 3分3R
○古谷野一樹(クロスポイント古河)
判定3-0 ※三者とも30-29
●Tatsuya(The Body Box)

▼第4試合 REBELS60kg級 REBELSルール 3分3R
○櫻木崇浩(バンゲリングベイ・スピリット)
判定3-0 ※30-28、29-28、30-28
●TAISUKE(SFKキックボクシングジム)

▼第3試合 REBELS 55kg級 REBELSルール 3分3R
△ZAWA-3(ざわさん/スクランブル渋谷)
ドロー 判定1-1 ※29-28、29-29、29-30
△市川一大(クロスポイント大泉)

▼第2試合 REBELS 45kg級 REBELSルール 2分3R
○松下えみ(T-KIX)
判定3-0 ※三者とも30-28
●宗田智美(シーザージム渋谷/第4回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会Bリーグ女子-45kg級優勝)

▼第1試合 REBELS60kg級 REBELSルール 3分3R
○林 亮介(バンゲリングベイ・スピリット)
判定2-0 ※30-28、29-29、30-29
●小林克成(練誠塾)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧