TOP > 試合結果 一覧

【TRIBE】長南亮、完全燃焼の引退試合でタイトル奪取

2013/10/20(日)UP

▲村山(左)はなんとこれでTRIBE所属選手と3連続ドロー

▼第5試合 ユニファイドルール(ヒジなし) ウェルター級 5分3R
△村山暁洋(GUTSMAN/第4代修斗環太平洋ミドル級王者)
ドロー 判定1-0 ※30-29、30-30、30-30
△白井祐矢(TRIBE TOKYO MMA/第4代DEEPウェルター級王者)

 元DEEPウェルター級王者の白井が、第4代修斗環太平洋ミドル級王者の村山を迎え撃つ。村山はパンクラスでTRIBE所属選手と2度対戦して2度とも引き分け、今回は「3度目の正直で決着をつけたい」と戦前に語っていた。

 1R、ローの蹴り合いから白井が右ストレート。両者組み合うと太ももへのヒザを蹴り合い、離れるとロー。白井がやや試合を支配していた。

 2R、パンチで入り込もうとする白井をジャブ、ミドルで突き放す村山。距離を上手くとって自分の打撃を当てていく。ローを蹴って回り込む村山に組み付いた白井は、コーナーでヒザ蹴りを入れながらテイクダウンを狙う。

 3R始まってすぐ村山が投げからバックを奪いに行くが、白井が返してタックルに。ブレイク後はローとパンチの応酬となり、村田が左フックをヒットさせ、白井を中に入れさせない。白井は右ロングフックから組み付いてタックルを狙うが、両者決め手なしのドローに終わった。


▲大沢(左)がテイクダウンを多く奪っての判定勝ち

▼第4試合 DEEPルール フェザー級 5分3R
○大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)
判定2-1
●赤尾セイジ(NEX)

 DREAMや海外のリングでも活躍した日本トップファイターの大沢が参戦。DEEPで連勝中の赤尾と対戦する。

 この試合はDEEPフェザー級王座次期挑戦者決定戦または王座決定戦の一環として行われることになり、大沢は「僕はチャンピオンになったことがないので、DEEPでチャンピオンを本気で狙いに行く」とベルト奪取を宣言している。

 1R、赤尾のタックルを受け止めた大澤が逆にテイクダウン。コーナーを背にしようとする赤尾の腰を引いて寝技に持ち込み、ポジションをキープする。その後も赤尾はタックルを切られ続け、大沢が逆にテイクダウンしていいポジションを奪う。

 2R、赤尾のタックルを投げで返す大沢。赤尾は何度もタックルを仕掛けるが、大沢をテイクダウンすることは出来ない。投げで倒されてもすぐに立ち上がる大沢。逆に足を掛けて赤尾をテイクダウンし、優勢を印象付ける。

 3R、赤尾がフロントスープレックスで大沢を投げ、どよめきが起こる。赤尾のタックルは切られ続けていたが、ようやく赤尾が足を掛けてテイクダウンを奪うと背後からのパンチを連打。しかし、大沢がすぐに組み直して上になり、マウントを奪う。そのまま体勢をキープして試合終了となり、判定2-1で大沢が勝利を収めた。


▲中西(左)がテイクダウンで主導権を握っての判定勝ち

▼第3試合 DEEPルール 83.9kg契約 5分3R
○中西良行(TRIBE TOKYO MMA/初代DEEPライトヘビー級王者)
判定2-1
●RYO(ランズエンド・ZERO-ONE MAX)

 初代DEEPライトヘビー級王者の中西は一階級下げて、ミドル級タイトルマッチ経験もあるRYOと対戦。中西はDEEPミドル級王座(王者は中村和裕)奪取、さらにはvs世界も視野に入れての階級変更だ。

 1R、RYOが右ミドル、右ハイ、右フックとヒットを奪っていく。特に右ミドルが快音を発して決まる。中西はジャブと右フック。残り30秒で中西がテイクダウンに成功するが、RYOはコーナーを背にして寝技に移行させなかった。

 2R、組み付いた中西がしつようにテイクダウンを狙っていき、RYOが背中を向けると背後から重いパンチを連打。一度離れた中西が片足タックルに行くと、RYOは倒されずに片足で立ちながらフックを入れる。

 3R、やはりタックルにいく中西。RYOはサウスポーの中西に対して右へ回り込んでいく。中西が1Rに続いてテイクダウンしたが、RYOはやはりコーナーを背にして寝技に持ち込ませない。ブレイク後、三日月蹴りを連発するRYOに組み付いていく中西。

 勝敗は判定に持ち込まれ、2-1で中西が辛勝した。


▲モリ(左)vs坂下(右)はノーコンテストに

▼第2試合 TTFルール(ヒジなし) 84.9kg以下契約 5分2R
ー坂下裕介(フリー)
ノーコンテスト
ールーク森(フリー)

 ラグビー出身で弾丸タックルを得意とする坂下と、アグレッシブなパワーファイターであるモリが激突。

 1R、打撃の応酬から組み合ったところで不慮のバッティングで両者出血。モリの方の傷が深く試合続行が不可能となったため、ノーコンテストとなった。


▲元・修斗環太平洋ミドル級王者・佐藤(右)が貫禄の一本勝ち

▼第1試合 TTFルール(ヒジあり) 77.1kg 5分2R
○佐藤洋一郎(グレイシーバッハ東京/第3代修斗環太平洋ミドル級王者)
一本 1R4分 ※フロントチョーク
●髙橋 弘(蒼天塾)

 冷静沈着なポーカーフェイス、グラウンド&スタンドで高いスキルを誇る佐藤と、乱戦を得意とする高橋。

 1R、佐藤がほとんどの時間で上のポジションをキープし、ようやく高橋が立ち上がろうとしたところで飛びつくようにしてのフロントチョーク。鮮やかな一本勝ちを奪った。


▼オープニングファイト第2試合 TTFルール(ヒジなし) ウェルター級(77.1kg) 5分2R
○佐藤 天(TRIBE TOKYO MMA)
判定3-0 ※三者とも19-18
●谷部翔太郎(NATURAL9)

▼オープニングファイト第1試合 TTFルール(ヒジなし) フライ級(56.7kg) 5分2R
○高橋 剛(TEAM☆ST)
TKO 1R1分18秒 ※右フック
●臼井知史(TRIBE TOKYO MMA)

  • 1
  • 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧