TOP > 試合結果

【VTJ】高谷が復活のKO勝利、宇野が3連勝でUFC挑戦を再アピール

2014/02/23(日)UP

 


▼第7試合 VTJフライ級トーナメント一回戦 5分3R
○神酒龍一(みき・りゅういち/CAVE/修斗世界バンタム級王者)
判定3-0 ※三者とも29-28
●前田吉朗(パンクラス大阪稲垣組/元DEEPフェザー級王者、元フェザー級キングオブパンクラス)
※神酒がトーナメント準決勝進出 

 VTJフライ級トーナメント注目の日本人対決。元パンクラス&DEEP王者・前田と現修斗世界バンタム級王者・神酒が1回戦で対戦した。

 1R、激しい打撃戦の中、神酒がタックルに入りつつ、右ストレートを当てる。サウスポーの前田も右ハイキックを返す。

 2R、一気に圧力をかけて前に出る前田。パンチと左ミドルで手数を増やすが、神酒も右を返してテイクダウンを試みる。

 3R、ガードを下げてパンチを振り回す前田。神酒は右ストレートを細かく当て、テイクダウンからバックを狙う。

 前田が左ストレートとヒザ蹴りを返せば、両者は両手を広げて打ち合う。最後は神酒がテイクダウンしたところで試合終了となり、神酒が判定で前田を撃破した。


 


▼第6試合 VTJフライ級トーナメント一回戦 5分3R
○シーザー・スクラヴォス(アメリカ/TEAM SKLAVOS)
一本 1R1分28秒 ※チョークスリーパー
●マモル(シューティングジム横浜/元修斗フェザー級王者、元修斗バンタム級王者、KOTC世界ジュニアフライ級王者)
※シーザーがトーナメント準決勝進出 

 この階級のトップファイターとして活躍してきたマモルがトーナメントに出陣。アメリカのシーザーを迎え撃った。

 1R、打撃の攻防の後、シーザーがタックルに入り、すぐにバックへ。立ったままマモルにチョークの形に入ると、最後はグラウンドでマモルを絞め落とした。


 


▼第5試合 VTJフライ級トーナメント一回戦 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/元修斗世界フェザー級王者)
判定2-0 ※29-27、28-28、29-27
●春日井健士(志村道場)
※扇久保がトーナメント準決勝進出

 元修斗世界フェザー級王者・扇久保が階級転向一発目でトーナメントにエントリー。対するは名古屋を中心に活動する金網格闘技イベントHEATで活躍し、現在10連勝中の春日井だ。

 1R、扇久保がテイクダウン&バックコントロールで春日井を圧倒。

 2Rも同様に扇久保が組みついてテイクダウンにつなげ、春日井を攻め続ける。3R、春日井は扇久保のタックルを潰してバックからチョークを極めかけるなど攻勢に出るが、反則のサッカーボールキックで痛恨の減点1。扇久保が春日井から勝利をもぎとった。


 


▼第4試合 VTJフライ級トーナメント一回戦 5分3R
○カナ・ハヤット(アメリカ/チーム・ボディショップ/Pandemoniumフライ級王者)
判定3-0 ※30-27、29-28、29-27
●フレディ・アルティーガ(アメリカ/TWISTED GENETIKS) 

 今大会から開幕するVTJフライ級トーナメント。1回戦・第1試合はハヤットVSアルティーガの外国人対決だ。

 1R、パンチを振って前に出るアルティーガ。ハヤットは距離を取りながらパンチとロー、左ミドルを当てる。

 2R、アルティーガはさらに手数を増やして左右のフックを強振するが、ハヤットが左フックでダウンを奪い、ギロチンチョークを極めかける。

 3Rは逆転を狙うアルティーガをハヤットが上手く捌き、判定勝利で準決勝に駒を進めた。



▼第1試合 135ポンド(61.2kg)契約 5分3R
○佐々木憂流迦(ささき・うるか/和術慧舟會駿河道場/前修斗環太平洋フェザー級王者)
一本 2R1分46秒 ※チョークスリーパー
●石原夜叉坊(いしはら・やしゃぼう/修斗GYMS直心会) 

 1月の修斗後楽園大会でZSTバンタム級王者・藤原敬典に一本勝ちしている佐々木。石原の打撃に苦しめられたが、2Rにガードポジションからポジションを返すと得意のバックチョークで一本勝ち。試合後、パンクラス王者・石渡伸太郎に挑戦状を叩きつけた。


 

▼第3試合 145ポンド契約 5分3R
○キム・ジェ・ウォン(韓国/EXTREAM COMBAT TEAM)
判定3-0 ※三者とも29-28
●美木 航(NATURAL9)


 

▼第2試合 160ポンド契約 5分3R
○宇良健吾(イングラム/元ウェルター級キング・オブ・パンクラス)
判定2-1 ※28-29、29-28、30-27
●星野大介(総合格闘技津田沼道場)

▼オープニングファイト第3試合  125ポンド契約 3分3R
○室伏カツヤ(roots)
判定3-0 ※三者とも30-27
●伊是名秀宣(チーム・ソフトコンタクト)


 

▼オープニングファイト第2試合 155ポンド契約 3分3R
○三上譲治(修斗GYM東京)
判定3-0 ※30-27、29-28、29-28
●奥津和志(マッハ道場)

▼オープニングファイト第1試合 170ポンド契約 3分3R
△鈴木JAPAN(AACC)
ドロー 判定1-0 ※28-28、28-27、28-28
△チョモランマ1/2(総斗會三村道場) 
※鈴木の勝利と発表致されたが集計に誤りがあったため、試合結果を引き分けに変更 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果