TOP > 試合結果 一覧

【MA日本キック】ピンサヤーム、一刀との王者対決を制し初防衛に成功

2014/08/10(日)UP


▼第10試合 MA日本バンタム級タイトルマッチ 3分5R
○大野貴志(士道館新座ジム/MA日本バンタム級王者)
KO 5R2分28秒 ※飛びヒザ蹴り
●竹内将生(エイワスポーツジム/WPMF日本バンタム級王者)
※大野が2度目の防衛に成功

 序盤、両者ともに蹴り主体の攻防。単発の攻撃に終わるために積極性に欠けていたが、3Rには竹内が左ミドルをタイミングよく当て、ここまでの判定ではジャッジ2者が竹内を支持する。ここから徐々にお互いに手数が増える中、勝負が動いたのは5R。

 大野がプレッシャーを強め、竹内は距離を取る展開。大野が左ボディフックを入れると竹内は一気に失速する。さらに大野が左ボディをクリーンヒットさせダウンを奪取。立ち上がった竹内に飛びヒザを見舞い、KO勝ちを収めた。  


 


▼第9試合 MA日本フライ級タイトルマッチ 3分5R
○隼也ウィラサクレック(ウィラサクレックフェアテックス/元WPMF日本フライ級王者/挑戦者)
TKO 3R1分6秒
●古田恭人(はまっこムエタイジム/MA日本フライ級王者)
※隼也が第19代王者に、古田は初防衛に失敗 

 パンチ、右ローの古田に対し、隼也は左ミドル、前蹴り。さらに古田のパンチにはヒジを合わせる。2R、前に出た隼也が一気にパンチ連打でぐらつかせ、終了間際に回転ヒジをクリーンヒット。これで古田の額から大量の出血が見られる。

 3R開始と同時にドクターチェックが入り再開。挽回を試みる古田がラッシュを仕掛けたが、打ち合いで傷口は深くなりドクターはストップ。TKO勝ちで隼也がタイトルを獲得した。  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧