TOP > 試合結果

【M-FIGHT】梅野、ルンピニー現役ランカーを追い込むもドロー

2014/09/21(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▼第9試合 WPMF世界女子ピン級タイトルマッチ 2分5R
○Little Tiger(WSRフェアテックス/Team Tiger/王者)
TKO 4R1分23秒 ※セコンドからのタオル投入
●ペッタンヤー・モークルンテープトンブリー(タイ/挑戦者)
※Little Tigerが初防衛に成功

 WPMF世界女子ピン級、WMCピン級、WBCムエタイインターナショナル女子アトム級など、多くのタイトルを保持しているTiger。今回はWPMF世界女子ピン級の防衛戦でタイのペッタンヤーを迎え撃った。

 1R、サウスポーのTigerがインロー、前足のサイドキックでペッタンヤーを下がらせる。2R、ペッタンヤーも右ミドルを返すが、Tigerは強烈なインローを蹴って左ストレート、サイドキックをタイミングよく当てる。

 3R、Tigerは左ミドルでボディを効かせて、左ストレートからパンチをまとめる。そして4R、Tigerが左ミドルでペッタンヤーをロープに詰めてパンチの連打を叩き込む。ここでペッタンヤーのセコンドがタオルを投げ込み、TigerがTKO勝利で王座防衛に成功した。


 

▼第8試合 WPMF世界女子フライ級王座決定戦 2分5R
○いつか(新宿レフティージム/WPMF日本女子フライ級王者)
判定3-0 ※49-48、49-47、49-48
●ペッベンチャー・モークルンテープトンブリー(タイ)
※いつかが新王者に 

 WPMF日本女子王者のいつかが世界王座決定戦に出陣。タイのペッベンチャーと対戦した。

 1R、ローを蹴って前に出るいつか。右ストレートを当ててペッベンチャーを下がらせる。

 2R、いつかがバックブローをヒットさせて、パンチとローで前進。ペッベンチャーもヒジを狙い、いつかを首相撲に捉える。3R、ペッベンチャーは前蹴りと左右のミドルで距離を取る。いつかは右ストレートでプレッシャーをかける。

 4R、ここもいつかが前に出て右ストレート、ペッベンチャーをロープまで下がらせる。ペッベンチャーは首相撲からヒザ蹴り、いつかがパンチで前に出ると距離を取ってミドルを蹴る。

 5Rに入ってもスタミナが切れないいつかは右ストレートを当て、首相撲でもペッベンチャーを押し込む。完全にペースを掴んだいつかは左ボディから右ロー、パンチで前に出る。ペッベンチャーも右ストレートを打ち返すが、いつかの勢いは止まらず。前に出続けたいつかがペッベンチャーを下し、WPMF世界女子王座に就いた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果